ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走(令和2年7月16日)

西山貴浩マクリ快勝「決まった瞬間は最高」今年3V!

西 山  貴 浩
4371 西 山 貴 浩(福岡)


 若松ボートの「中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走」は16日に優勝戦が行われ、2号艇の西山貴浩(33歳=福岡)が優勝を飾った。1マーク、イン先マイ態勢の松井繁に対して、2コースからツケマイ強襲。王者を引き波に沈めて先頭独走。優勝は今年3回目。前走の大村からの連続Vとなった。

===


 地元でド迫力のパフォーマンスを披露した。

 優勝戦の進入は123/456。

 スリットはほぼ横並び。インの1号艇・松井がコンマ12、2コースの2号艇・西山がコンマ13。こうなれば、まずは松井がイン先手、と思われた瞬間、王者の右側から西山が全速で握った。気迫のツケマイ強襲。これが見事に炸裂。王者を引き波の中に沈め、バック直線に先頭で突き抜けた。前日の準優では2コース差しで辻栄蔵を斬り、この優勝戦では松井をマクる。連夜の大物撃破となった。一人旅で周回を重ねた西山は、最後はガッツポーズでゴールラインを駆け抜けた。

 マクリが決まった瞬間、ピットで見ていた福岡の選手らからは声があがった。水面際のファンからも歓声があがり、若松は興奮のるつぼだった。

 レース後はウィニングランが行われた。前走の大村で優勝したが、最終日は無観客開催だったため、ウィニングランはなかった。西山は久々にファンの前で何度もガッツポーズを見せた。盛り上がる地元若松。水上のエンターティナーは、嬉しそうにゆっくりとボートを走らせ、ファンと共に喜んだ。

 ピットに戻ってきても、興奮は冷めぬといった感じだった。「(1マークのマクリは)とっさの判断でした。松井さんには差しは効かないと思ったので。決まった瞬間は最高でした」と西山。「お客さんの前でウィニングランできて良かったです。やっぱり、若松で勝つっていうのが一番重要なので」と、喜びの言葉を並べた。

 前走大村11連勝完全V、そして今節も優勝。

 好調の波に乗って、次走は鳴門で開催のSGオーシャンカップ(7月21日開幕)へ向かう。



===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 2 4371 西山 貴浩 1'49"4 まくり
2 4 3743 林 美憲 1'51"1
3 3 3558 山本 浩次 1'52"7
4 1 3415 松井 繁 1'53"4
5 6 4370 山口 達也
6 5 3719 辻 栄蔵
スリット ST
1 .12
2 .13
3 .11
4 .12
5 .14
6 .12

TOP