ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

日刊スポーツ杯お盆特選競走(令和2年8月15日)

益田啓司 イン逃走 若松初V

益 田  啓 司
4102 益 田 啓 司(福岡)


 地元選手が連日熱戦を繰り広げた若松ボートの「日刊スポーツ杯お盆特選競走」は15日に優勝戦が行われた。1号艇の益田啓司(41歳=福岡)がインからコンマ09のスタートを決めて1マークを先マイ。マクリも差しも許さず完勝。今年2回目、当地では初優勝を飾った。

===

 進入は123/456。

 スリットはほぼ横並び。こうなれば1コースの益田が1マークを先マイ。2コースの原田才一郎が外を握って攻め、3コースの塩田北斗が差し構えも、益田はどれも許さない。インモンキーを決め、主導権は渡さなかった。バック直線で単独先頭へ。その後も、他艇の水しぶきを浴びることなく周回を重ねて、優勝のゴールラインを駆け抜けていった。

 10戦7勝。初日後半からオール2連対をキープ、抜群の安定感だった。

 レース後「試運転で、なんとかいけるんじゃないかと思った。いいエンジンなので、合えばもっと出ると思いますけど、僕の中では最大限の良い状態でのぞめたと思います」と、仕事をやり遂げた男は納得の表情で振り返った。

 通算優勝は25回目。ただ、若松では意外にも初優勝。「素直に嬉しいです。できないなぁと思っていた。すごく長かった」。2001年の5月に、ここ若松でデビューして20年近く。待望の美酒。味は格別だったに違いない。

 今年の優勝は、1月浜名湖以来2回目。

 次走は福岡一般戦へ。来月末には、児島のGI周年へ。「これからも一走一走精いっぱい走りますので、ご声援よろしくお願いします」とファンへメッセージを送った。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

日刊スポーツ杯お盆特選競走 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 4102 益田 啓司 1'49"9 逃げ
2 2 5028 原田 才一郎 1'50"6
3 3 4566 塩田 北斗 1'52"8
4 5 4155 長野 壮志郎 1'53"9
5 4 4413 水摩 敦
6 6 3726 桂林 寛
スリット ST
1 .09
2 .10
3 .11
4 .06
5 .09
6 .07

TOP