ボートレース若松

本日開催

ボートレース若松公式SNS

開門時間(11/25)
若松本場 14:00
カッパ★ピア 8:30
BTS北九州MD 8:30
レースライブ

WAKAMATSU
NEWS

  • 【本日優勝戦】「九州スポーツ杯」(11/21〜11/25) 最終日
  • 12R 優勝戦(電投締切 20:35)出場予定選手 1号艇 石田政吾 2号艇 深川真二 3号艇 出畑孝典 4号艇 田頭実 5号艇 石橋道友 6号艇 長野壮志郎
ボートレース若松(1)

令和2年

11

25

水曜日

本日優勝戦

「九州スポーツ杯」(R2.11.21〜11.25) 最終日

次回開催

「PGI第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」(R2.12.3〜12.6) [開催情報]

場外発売
若松本場 モーニング鳴門 デイレースG3びわこ デイレース常滑 デイレース児島 ナイターSG蒲郡 ナイター住之江
カッパ★ピア モーニング鳴門 デイレースG3びわこ デイレース常滑 デイレース児島 ナイターSG蒲郡 ナイター住之江
BTS北九州MD モーニング鳴門 デイレースG3びわこ デイレース常滑 デイレース児島 ナイターSG蒲郡 ナイター住之江
モーニング
デイ
ナイター
SG
G1
G2
G3
G3オールレディース
G3マスターズ
ヴィーナス
ルーキー

第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント

「九州スポーツ杯」(R2.11.21〜11.25) 最終日

最新情報はこちら☞更新↺

全レース出走予定表

レース 出場選手
1 2 3 4 5 6
1R
15:15
B2
松本 峻
B1
中村 栄治
B1
井川 正人
B1
金田 大輔
B1
岩永 節也
B2
野見山 拓己
2R
15:44
B1
松山 裕基
B1
木山 誠一
B1
松下 潤
B1
木下 雄介
B1
福田 翔吾
A2
別府 昌樹
3R
16:06
B1
吉崎 悠司
B1
玄馬 徹
B1
樋口 喜彦
A2
坪口 竜也
B2
富田 恕生
B1
齋藤 真之
4R
16:32
B1
永井 亮次
B2
三原 司
B1
杉山 勝匡
B1
竹田 広樹
B1
横井 光弘
A1
丸尾 義孝
5R
17:01
A2
吉永 則雄
A2
岡部 大輔
B1
岩永 節也
A2
下田 哲也
B1
溝口 海義也
B1
岡本 大
6R
17:28
A2
森岡 満郎
B1
木下 雄介
B1
高濱 芳久
A1
岡田 憲行
B1
松山 裕基
A2
沢田 昭宏
7R
18:02
A2
木村 光宏
A2
真庭 明志
B1
木山 誠一
B1
玄馬 徹
A2
高山 智至
A1
藤原 啓史朗
8R
18:36
A1
明石 正之
B1
竹田 広樹
B1
横井 光弘
B1
吉崎 悠司
B1
松下 潤
B2
富田 恕生
9R
19:10
A1
松田 大志郎
A2
下田 哲也
B1
福田 翔吾
B2
野見山 拓己
A2
吉永 則雄
B1
杉山 勝匡
10R
19:43
A2
岡部 大輔
A1
岡田 憲行
A2
真庭 明志
B1
永井 亮次
B2
三原 司
B1
樋口 喜彦
11R
20:09
A1
丸尾 義孝
A1
明石 正之
B1
齋藤 真之
B1
高濱 芳久
A2
森岡 満郎
A2
木村 光宏
12R
20:35
A1
石田 政吾
A1
深川 真二
A2
出畑 孝典
A2
田頭 実
A1
石橋 道友
A1
長野 壮志郎

※背景色が薄赤色の選手はドリーム戦出場選手です。

九州スポーツ杯

令和2年11月21日〜11月25日

大将・田頭を中心に地元勢が中核を担う

 優勝戦線を引っ張るのは田頭実(福岡)と松田大志郎(福岡)の地元勢だ。田頭のスリット攻勢はいまだ健在。強風のため優勝戦が行われなかった10月唐津では、準優までの9戦で8勝2着1本と圧倒的な強さを見せつけた。通算16回の勝手を知ったる地元水面で今年初優勝に照準を合わせる。
 松田は一般戦なら優出の連続で、9月に江戸川で今年4回目の優勝を飾った。来年3月に福岡で行われるSGクラシック出場も射程圏内に入っており、年末まで優勝回数を重ねたい。コース不問の攻めで上位進出を外さない長野壮志郎(福岡)と出畑孝典(福岡)も有力な優勝候補に挙がる。

詳しくはこちら!

PGI第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント

令和2年12月3日〜12月6日

トップレーサーが集結 地元勢に地の利あり

 第2回を迎えるBBCトーナメント。出場選手は前年覇者、今年のSG、PGI優勝者、3daysバトルトーナメント優勝者に、ダービーまでのSG、PGIの選出基準に基づく選出上位15名の中の勝率上位者(1〜9月)を加えた48人のトップレーサー達が競演する。
 一発勝負のトーナメント方式なら、地元勢に地の利が働く。筆頭はオールスターでSG制覇を果たした篠崎仁志(福岡)だ。SG制覇後も快調で、今回は地元エースとしての役割に期待が懸かる。9月徳山でGI初制覇の西山貴浩(福岡)、弟・仁志の活躍に奮起必至の篠崎元志(福岡)、女子では全速ターンを武器とする小野生奈(福岡)がチャンピオンベルト奪取を狙う。

詳しくはこちら!

新着情報

新着情報一覧 

※ライブ配信は遅延が発生します。締め切り時間にお気をつけ下さい。