ボートレース若松

本日開催

ボートレース若松公式SNS

開門時間(11/25)
若松本場 14:00
カッパ★ピア 8:30
BTS北九州MD 8:30
レースライブ

WAKAMATSU
NEWS

  • 【本日優勝戦】「九州スポーツ杯」(11/21〜11/25) 最終日
  • 12R 優勝戦(電投締切 20:35)出場予定選手 1号艇 石田政吾 2号艇 深川真二 3号艇 出畑孝典 4号艇 田頭実 5号艇 石橋道友 6号艇 長野壮志郎
ボートレース若松(1)

令和2年

11

25

水曜日

本日優勝戦

「九州スポーツ杯」(R2.11.21〜11.25) 最終日

次回開催

「PGI第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」(R2.12.3〜12.6) [開催情報]

場外発売
若松本場 モーニング鳴門 デイレースG3びわこ デイレース常滑 デイレース児島 ナイターSG蒲郡 ナイター住之江
カッパ★ピア モーニング鳴門 デイレースG3びわこ デイレース常滑 デイレース児島 ナイターSG蒲郡 ナイター住之江
BTS北九州MD モーニング鳴門 デイレースG3びわこ デイレース常滑 デイレース児島 ナイターSG蒲郡 ナイター住之江
モーニング
デイ
ナイター
SG
G1
G2
G3
G3オールレディース
G3マスターズ
ヴィーナス
ルーキー

第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント

「九州スポーツ杯」(R2.11.21〜11.25) 最終日

最新情報はこちら☞更新↺

第2R 一般戦 締切 15:44

  • 出走表
  • 今節の成績
  • コース別成績表
  • スタート展示・直前情報




級別
F/L
登番
選手名
支部/出身
年齢
体重
調整
全国
平均
ST
全国勝率
2連率
3連率
若松勝率
2連率
3連率
モーター ボート 早見/
前走
成績
1 B1 松山  裕基 5046
松山 裕基

大阪/大阪
26才
0.16 2.62
7.2%
17.3%
0.00
0.0%
0.0%
47
42.8%
71
30.1%
6R
2 B1 木山  誠一 3866
木山 誠一

岡山/岡山
45才
0.20 4.27
21.7%
33.3%
3.93
16.6%
30.0%
8
37.5%
62
28.9%
7R
3 B1 松下   潤 3456
松下 潤

徳島/徳島
49才
0.20 3.92
18.3%
30.9%
3.75
0.0%
37.5%
39
35.7%
61
29.7%
8R
4 B1 木下  雄介 5050
木下 雄介

滋賀/京都
25才
0.19 3.11
7.5%
21.2%
1.83
0.0%
0.0%
9
35.7%
11
27.9%
6R
5 B1 福田  翔吾 5036
福田 翔吾

大阪/大阪
22才
0.18 3.92
20.2%
28.3%
0.00
0.0%
0.0%
31
35.7%
27
42.2%
9R
6 A2 別府  昌樹 3873
別府 昌樹

広島/広島
44才
0.16 5.86
42.6%
60.8%
5.78
43.9%
60.9%
51
7.6%
23
34.7%

※全国成績は2020年6月1日から、 若松成績は2018年1月1日からの開催初日前日までの成績です。

※背景色が薄赤色の選手はドリーム戦出場選手です。





級別
F/L
登番
選手名
支部/出身
今節
平均
ST
/S順
節間成績
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
1 B1 松山  裕基 5046
松山 裕基

大阪/大阪
0.16
3.80位
5R
55
.08③
1R
65
.22④
6R
55
.25⑤
6R
26
.12⑤
2R
65
.15②
2 B1 木山  誠一 3866
木山 誠一

岡山/岡山
0.15
3.33位
4R
66
.28⑥
1R
23
.03①
10R
65
.19⑤
4R
11
.07①
1R
44
.19⑤
8R
43
.15②
3 B1 松下   潤 3456
松下 潤

徳島/徳島
0.18
3.60位
1R
55
.22⑥
3R
13
.14②
10R
36
.13③
1R
46
.24④
7R
25
.18③
4 B1 木下  雄介 5050
木下 雄介

滋賀/京都
0.18
4.80位
3R
45
.09④
1R
56
.30⑥
5R
54
.10④
3R
22
.24⑥
8R
55
.17④
5 B1 福田  翔吾 5036
福田 翔吾

大阪/大阪
0.21
4.33位
1R
44
.16③
6R
26
.06①
3R
32
.26⑤
8R
56
.26⑥
12R
65
.25⑤
4R
13
.27⑥
6 A2 別府  昌樹 3873
別府 昌樹

広島/広島
0.14
2.86位
7R
11
.11③
10R
44
.18④
3R
56
.23④
9R
22
.03①
9R
65
.23⑥
3R
32
.02①
12R
11
.15①

※背景色が薄赤色の選手はドリーム戦出場選手です。





級別
F/L
登番
選手名
支部/出身
全国成績 コース別成績(上段:進入回数、下段:1・2・3着回数)
出走
回数
1着
2着
3着
1 2 3 4 5 6
1 B1 松山  裕基 5046
松山 裕基

大阪/大阪
770
5
7
6
1
13
3
10
2
12
2
15
2
21
2
2 B1 木山  誠一 3866
木山 誠一

岡山/岡山
898
9
11
12
8
14
7
18
4
12
4
17
3
16
2
3 B1 松下   潤 3456
松下 潤

徳島/徳島
793
9
13
12
9
13
7
17
6
16
3
17
0
4
0
4 B1 木下  雄介 5050
木下 雄介

滋賀/京都
815
1
11
3
2
8
4
7
3
13
3
22
1
28
4
5 B1 福田  翔吾 5036
福田 翔吾

大阪/大阪
903
10
9
9
5
17
5
15
2
16
4
16
5
17
1
6 A2 別府  昌樹 3873
別府 昌樹

広島/広島
12224
28
24
24
23
18
11
24
15
19
11
21
14
16
2

※コース別成績は2020年5月〜2020年10月の成績です。

※背景色が薄赤色の選手はドリーム戦出場選手です。




級別
F/L
登番
選手名
支部/出身
ペラ
部品交換
チルト 1周T
直線T
展示T
S
/
D
展示ST


1 B1 松山  裕基 5046
松山 裕基

大阪/大阪


2 B1 木山  誠一 3866
木山 誠一

岡山/岡山


3 B1 松下   潤 3456
松下 潤

徳島/徳島


4 B1 木下  雄介 5050
木下 雄介

滋賀/京都


5 B1 福田  翔吾 5036
福田 翔吾

大阪/大阪


6 A2 別府  昌樹 3873
別府 昌樹

広島/広島


※背景色が薄赤色の選手はドリーム戦出場選手です。





級別
F/L
登番
選手名
支部/出身
得点率 出走
回数
総得点 減点 1着 2着 3着 4着 5着 6着 着外 早見/
前走
成績
1 B1 松山  裕基 5046
松山 裕基

大阪/大阪
1.80 5 9 3.17 2.83 2.50 2.17 1.83 1.67 1.50 6R
2 B1 木山  誠一 3866
木山 誠一

岡山/岡山
5.00 6 30 5.71 5.43 5.14 4.86 4.57 4.43 4.29 7R
3 B1 松下   潤 3456
松下 潤

徳島/徳島
2.60 5 13 3.83 3.50 3.17 2.83 2.50 2.33 2.17 8R
4 B1 木下  雄介 5050
木下 雄介

滋賀/京都
3.40 5 17 4.50 4.17 3.83 3.50 3.17 3.00 2.83 6R
5 B1 福田  翔吾 5036
福田 翔吾

大阪/大阪
3.83 6 23 4.71 4.43 4.14 3.86 3.57 3.43 3.29 9R
6 A2 別府  昌樹 3873
別府 昌樹

広島/広島
6.43 7 45 6.88 6.63 6.38 6.13 5.88 5.75 5.63

※早見表の太字は現時点の得点率18位を上回る可能性のある得点率です。

※2回走りの選手で前走が終了していない時、前走の得点は含まれていません。

※背景色が薄赤色の選手はドリーム戦出場選手です。

九州スポーツ杯

令和2年11月21日〜11月25日

大将・田頭を中心に地元勢が中核を担う

 優勝戦線を引っ張るのは田頭実(福岡)と松田大志郎(福岡)の地元勢だ。田頭のスリット攻勢はいまだ健在。強風のため優勝戦が行われなかった10月唐津では、準優までの9戦で8勝2着1本と圧倒的な強さを見せつけた。通算16回の勝手を知ったる地元水面で今年初優勝に照準を合わせる。
 松田は一般戦なら優出の連続で、9月に江戸川で今年4回目の優勝を飾った。来年3月に福岡で行われるSGクラシック出場も射程圏内に入っており、年末まで優勝回数を重ねたい。コース不問の攻めで上位進出を外さない長野壮志郎(福岡)と出畑孝典(福岡)も有力な優勝候補に挙がる。

詳しくはこちら!

PGI第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント

令和2年12月3日〜12月6日

トップレーサーが集結 地元勢に地の利あり

 第2回を迎えるBBCトーナメント。出場選手は前年覇者、今年のSG、PGI優勝者、3daysバトルトーナメント優勝者に、ダービーまでのSG、PGIの選出基準に基づく選出上位15名の中の勝率上位者(1〜9月)を加えた48人のトップレーサー達が競演する。
 一発勝負のトーナメント方式なら、地元勢に地の利が働く。筆頭はオールスターでSG制覇を果たした篠崎仁志(福岡)だ。SG制覇後も快調で、今回は地元エースとしての役割に期待が懸かる。9月徳山でGI初制覇の西山貴浩(福岡)、弟・仁志の活躍に奮起必至の篠崎元志(福岡)、女子では全速ターンを武器とする小野生奈(福岡)がチャンピオンベルト奪取を狙う。

詳しくはこちら!

新着情報

新着情報一覧 

※ライブ配信は遅延が発生します。締め切り時間にお気をつけ下さい。