ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

GIIIオールレディースJALカップ(令和2年3月23日)

落合直子 逆転V「めっちゃ嬉しい」

落 合  直 子
4289 落 合 直 子(大阪)


 女子選手が連日熱戦を繰り広げた若松ボートの「GIIIオールレディースJALカップ」は23日に優勝戦が行われた。1マークをイン先マイした1号艇の落合直子(35歳=大阪)は、3号艇の黒澤めぐみにマクリ差しを許すも、2周2マークで黒澤が振り込んでいる隙に抜き返し、逆転優勝となった。当地では初。

===


 レース後。優勝表彰式が始まるまでの待ち時間。落合は、手にしたペットボトルのミネラルウォーターで喉の渇きを潤すと、ほっと一息ついた。

 優勝戦は苦しい展開だった。優勝への扉は、閉じようとしていた。

 スリットでは隣2コースの2号艇・佐々木裕美が大きく後手。イン先マイした落合だったが、3号艇・黒澤のマクリ差しが突き刺さっていた。逃走態勢を築けず、黒澤に捕まり、その後は主導権を奪われた。2周1マークを回った時点で、レースは3-1で固まろうとしていた。

 しかし、2周2マークで黒澤が振り込み。その隙に落合が一気に逆転。形勢はひっくり返った。追いかけてくる黒澤を振り切り、ゴールラインを駆け抜けた。

「(1マーク後は)やっちゃったと思いました。2周2マークはちゃんと回れていて良かったです。なかなか優勝できていなかったので、是が非でもと思って気合いが入り過ぎていたと思います」と振り返りながら、苦笑した落合。それでも「エンジンは全体的に良かったです」と満足な表情も見せた。

 優勝は2015年5月以来で久々。「なんとか優勝できました。めっちゃ嬉しいです」と喜びを口にした。

 これまで優出は重ねていただけに、あと1つ届かず悔しい思いも多かっただろう。待望の美酒で、その乾きを癒やした。次走、丸亀での走りも注目だ。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

GIIIオールレディースJALカップ 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 4289 落合 直子 1'48"5 抜き
2 3 4791 黒澤 めぐみ 1'49"9
3 4 3188 日高 逸子 1'51"3
4 5 4502 遠藤 エミ 1'51"4
5 2 4045 佐々木 裕美
6 6 4304 藤崎 小百合
スリット ST
1 .11
2 .31
3 .19
4 .15
5 .14
6 .13

TOP