ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

九州スポーツ杯(令和元年9月13日)

大神康司 逃げ切り今年2V

大 神  康 司
3574 大 神 康 司(福岡)


 若松ボートの7日間シリーズの「九州スポーツ杯」は13日に優勝戦が行われた。予選トップの活躍でシリーズを引っ張ってきた1号艇の大神康司(47歳=福岡)がインから先マイ。握ってきた3号艇の本多宏和、差してきた4号艇の西川昌希を振り切り、今年2回目の優勝を飾った。当地では4回目。

===


 進入は123/456。1号艇の大神がコンマ13スタート。2コースの一瀬明がコンマ18でヘコんでいたものの、慌てず騒がずイン先マイ。3コースから本多が握り、4コースの西川が差し込んできたが、バック直線で大神が先頭に立っていた。

 続く2マークをトップ旋回。西川が差し返してきてかなり接近してくるも、逆転は許さない。大神には自信の足があった。2周1マークを先に回って、リードを広げて、勝負を決めた。7月鳴門以来今年2回目の優勝を飾った。

 7日間の長い長いシリーズだった。初日1走目を1号艇で1着、後半ドリーム戦を2着で好発進を決めると、その後も大きく崩れることはなく、一度も舟券から外れない。今節オール3連対をキープしたのは大神だけだった。「足は5日目からずっと良かったです」。5日目にはペラを叩いている姿があった。「スタートが決めやすい。それが一番いい」。今節平均Sはコンマ11と好タイミングで、スタートの安定感も光った。優勝戦もトップタイの踏み込みだった。

 これで当地では4回目の優勝。大神が好走することの多い水面だ。

 ただ、最近は若松優勝戦で惜敗が続いていた。2018年1月は4着、9月は3着。そして今年1月も3着。その時は、優勝戦1号艇に乗るも、3号艇の石川真二の鋭いピット離れでインを取られて敗戦。2コースから握っていったが届かずに散った。あの節は石川のピット離れが凄かった。戦い終わった大神は「1号艇に乗っている気はしなかった」と話して帰った。今回は、きっちりと大神が優勝を勝ち取り、笑顔も見せつつ帰路についた。「やっと勝てました」。

 通算47回目の優勝を飾った47歳のベテラン。リズムを上げて、次走は徳山へ向かう。



===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

九州スポーツ杯 7日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 3574 大神 康司 1'50"8 逃げ
2 4 4559 西川 昌希 1'52"2
3 3 4492 本多 宏和 1'53"4
4 5 4351 里岡 右貴 1'54"1
5 2 3641 一瀬 明
6 6 4594 谷川 祐一
スリット ST
1 .13
2 .18
3 .13
4 .15
5 .16
6 .15

TOP