ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

ポカリスエットカップ(令和2年4月3日)

上平真二 2マーク逆転差し今年初V!

上 平  真 二
3737 上 平 真 二(広島)


 若松ボートの「ポカリスエットカップ」は3日に優勝戦が行われ、上平真二(46歳=広島)が優勝を飾った。バックでは3番手の位置になった上平だったが、1周2マークで先行する1号艇と2号艇がもつれて大きく流れ、そこを冷静に差して逆転した。今年はすでに優勝戦の2着が5回あり、待望の今年初Vに笑顔を見せた。

===


 進入は12346/5。

 1マークは1号艇の福来剛がイン先マイ、そこに2号艇の平尾崇典が差していく。両者急接近。寄せる福来、抵抗の平尾。そのまま大競りで2マークをオーバーターン。

 このチャンスを見逃すはずがないのが赤ヘル、いや赤カポックだった。福来、平尾の右後ろで2人の動向をよく見ていた上平。狂乱の2マークの中、きっちりと展開を射止めて、鮮やかに先頭奪取。あとは後続をピシャリと抑えて、赤いユニフォームはトップを爽快に駆け抜けていく。逆転の上平、ゲームセット。見事今年初優勝を飾った。

 レース後、ピットに戻ってくると両腕でガッツポーズを見せ、笑みをこぼした。

 上平に始まり上平に終わった。初日メインの12Rドリーム戦を制したのが3号艇の上平だった。インの濱野谷憲吾をマクリ差しで斬った。予選は4位通過。準優もしっかりと逃げて優出。そしてシリーズを制した。前検では「前に進んでいない感じ」とコメントを残し、序盤は不安のあるように見えたターンの足も、4日目頃から気配アップ。優勝戦後も「ターン回りは良かったです」と納得の表情を見せた。

 「嬉しいですね」。好相性の当地では2018年12月に続く連覇を達成。さらに今年初優勝も気分を上げる。今年は7優出で5回の準優勝と、ここまで惜敗が目立ったが、そんな銀メダルトンネルも抜けた。

 今期は絶好調。今節若松入りするまでの勝率は8.11とハイアベレージ(今節出場選手1位)。自己最高勝率の7.78を上回る勢いを見せる上平。今日のVを機に、ますます加速していくのかもしれない。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

ポカリスエットカップ 7日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 3 3737 上平 真二 1'48"4 抜き
2 4 3605 中村 守成 1'50"2
3 2 3822 平尾 崇典 1'51"5
4 6 4118 宇佐見 淳 1'53"0
5 5 4413 水摩 敦
6 1 4095 福来 剛
スリット ST
1 .06
2 .09
3 .12
4 .11
6 .17
5 .18

TOP