レース展望

総展望〜菊地、吉川、毒島ら若松巧者たちを、瓜生、篠崎兄弟ら地元10選手が迎撃!

井上 誠之『スポーツ報知』

GI全日本覇者決定戦(若松開設記念)
最近10大会の優勝者

開催年 優勝者
第57回 2009年 坪井 康晴
第58回 2010年 井口 佳典
第59回 2011年 重成 一人
第60回 2012年 吉川 元浩
第61回 2013年 齊藤 仁
第62回 2014年 山本 寛久
第63回 2015年 篠崎 元志
第64回 2016年 茅原 悠紀
第65回 2017年 湯川 浩司
第66回 2018年 田村 隆信

若松は特に癖の強い水面ではないが、選手によって相性の良し悪しの差が結構ある。好相性の代表格は若松でSG優勝2回の菊地孝平(静岡)をはじめGI優勝歴のある吉川元浩(兵庫)と田村隆信(徳島)。寺田祥(山口)と毒島誠(群馬)も SG制覇歴があり、もちろん得意水面。

逆に意外と苦戦傾向なのが峰竜太(佐賀)。昨年のオーシャンカップは予選トップ通過だったが、準優でまさかの敗退。相性の悪さが出てしまった。しかし、7月に一般戦とはいえ超抜パワーに仕上げて11戦10勝の準完全V。そろそろ得意水面に加えたいところだろう。

総勢10名の地元勢の奮起にも期待したい。もっとも福岡勢は芦屋と福岡ばかりを走り、若松はめったに走らない選手も多く、瓜生正義(福岡)など昨年の67周年以来、実に1年ぶりの登場。この辺がSGやGIで地元勢がなかなか優勝できない要因の一つだが、好調な篠崎元志(福岡)や調子を上げてきた篠崎仁志(福岡)、若松に思い入れが強い池永太(福岡)、西山貴浩(福岡)ら駒は揃っている。

なお、秋の若松は好水面に恵まれることが多く、伸び型機が少ないこともありイン有利のレー ス傾向が予想される。

コース&モーター〜セオリー通り追い風なら差し、向い風なら捲り

井上 泰宏『西日本スポーツ』

開催期間中の潮汐表

平成30年10月12日〜10月17日

開催日 満潮 干潮
10月12日(土) 大潮 20:28 14:51
13日(日) 大潮 20:54 15:21
14日(月) 大潮 21:20 15:52
15日(火) 大潮 21:46 16:22
16日(水) 中潮 22:11 16:54
17日(木) 中潮 22:36 17:29

洞海湾にある若松は、干満差のあるレース場。水面がポチャつく満潮時には握って回ることは難しく、イン有利な傾向にある。反対に、潮の穏やかな干潮ではスピードレースが展開されるため、 高配当も出やすい。出走表に潮汐表が載っているので、しっかりチェックしたい。

また、気にしなければいけないのは風。セオリー通りに追い風なら差し、向い風なら捲り主体と考えていい。どちらの向きでも5m以上の強さになると影響が大きくなる。スタンドが北側に位置するため、北風の影響は少ない。

これらの条件を後押しするのも、覆すのも、モーターの機力差だ。GIでは良機から使うと言っても、好素性機と低調機の差は大きい。数字だけでなく、近況の動きも頭に入れておきたい。

最近6ヵ月 進入コース別成績

(2019年3月1日〜8月21日/1,164レース)

進入
コース
勝率 1着率 2着率 3着率 平均
ST
1 8.05 54.9% 20.0% 8.9% 0.16
2 5.61 14.7% 26.1% 17.6% 0.17
3 5.39 12.7% 22.4% 19.5% 0.16
4 5.02 11.6% 15.6% 22.5% 0.17
5 4.08 5.4% 11.5% 17.7% 0.17
6 3.05 1.3% 4.9% 14.2% 0.18
進入
コース
決まり手
逃げ 捲り 捲り差し 差し 抜き 恵まれ
1 592 - - - 41 1
2 - 35 - 113 22 1
3 - 57 56 11 19 4
4 - 65 29 23 16 1
5 - 17 30 4 9 3
6 - 1 7 4 3 0

水面図

水面図

モーター2連率ベスト20(2018年12月・使用開始~2019年8月21日)

1位

44号機

2連率
50.8%
勝率
6.45
出足 伸び 回足

ほぼ毎回パワー上位級に仕上がる

2位

49号機

2連率
46.5%
勝率
6.05
出足 伸び 回足

守屋美穂が仕上げて以降快速足に

3位

27号機

2連率
43.5%
勝率
5.79
出足 伸び 回足

数字は乗り手が稼いだ分が大きい

4位

10号機

2連率
43.4%
勝率
6.14
出足 伸び 回足

夏場以降は目立たなくなってきた

5位

32号機

2連率
42.7%
勝率
6.25
出足 伸び 回足

一時下降したエース機が復活傾向

6位

19号機

2連率
42.5%
勝率
5.83
出足 伸び 回足

5月県内戦で今井貴士が仕上げた

7位

26号機

2連率
41.2%
勝率
6.02
出足 伸び 回足

出足型にも伸び型にも特徴出せる

8位

7号機

2連率
40.3%
勝率
5.80
出足 伸び 回足

出足から伸びへのつながりが良い

9位

55号機

2連率
40.1%
勝率
5.71
出足 伸び 回足

池永太が仕上げて伸びは常に上位

10位

47号機

2連率
39.8%
勝率
5.54
出足 伸び 回足

6月に中間整備が入ってから上昇

11位

42号機

2連率
39.1%
勝率
5.75
出足 伸び 回足

A級選手が乗れば常に上位の一角

12位

50号機

2連率
38.7%
勝率
5.28
出足 伸び 回足

伸び平凡でも出足型の上位クラス

13位

60号機

2連率
38.2%
勝率
5.32
出足 伸び 回足

乗り手を選ぶが当たれば節イチ級

14位

51号機

2連率
37.5%
勝率
5.35
出足 伸び 回足

正味の足は目立たずも回り足軽快

14位

54号機

2連率
37.5%
勝率
5.26
出足 伸び 回足

5月にはB級選手が3連続で優出

16位

58号機

2連率
37.4%
勝率
5.61
出足 伸び 回足

出足型で伸び求めると変調もあり

17位

14号機

2連率
36.9%
勝率
5.24
出足 伸び 回足

大山千広の整備が当たって上位に

18位

12号機

2連率
36.2%
勝率
5.60
出足 伸び 回足

夏場は伸びつかずも実戦足は軽快

19位

16号機

2連率
35.2%
勝率
5.33
出足 伸び 回足

7月に転覆してから足落ちし平凡

20位

45号機

2連率
34.9%
勝率
5.10
出足 伸び 回足

伸び寄りだが目立つほどではない

TOP