ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

第25回北九州市長杯(令和2年2月15日)

岩崎正哉 2コース差し決めて今年初V

岩 崎  正 哉
3853 岩 崎 正 哉(福岡)


 若松ボートの「第25回北九州市長杯」は15日に優勝戦が行われた。2コースから発進した2号艇の岩崎正哉(47歳=福岡)が、イン先マイする1号艇の石田章央を差して捕まえて1着。通算では55回目、今年初優勝を飾った。当地では2015年8月以来、5回目の優勝となった。

===



 進入は123/456。強いホーム追い風で安定板。水面は波立った。

 2号艇の岩崎は2コースからコンマ11の好スタート。スピードに乗って艇先を伸ばす。そこから、1マークは狙い澄ました差しハンドル。イン先マイする1号艇の石田の内側に鋭く切り込み捕まえた。追い風の強い日は、若松のインは受難で、逆に差し有利水面。こういう状況で、もともと差しの上手い実力者の岩崎は相手を見逃さなかった。

 バック直線は内側に岩崎、外に石田。こうなれば岩崎が、1周2マークを先マイ。差し返し狙ってきた石田を、ホーム直線で抑えこみ、2周1マークをトップターン。石田を完全に振り切ってリードを広げて、勝負アリ。荒れ水面での一戦を見事制した。

 レース後、ビクトリー花火が打ち上がる中、ウィニングラン。優勝は昨年3月の津以来、今年は初優勝となった。

 当地では2015年8月以来の優勝。「若松では久しぶりでしたね。地元で優勝できて良かったです」。

 今節は予選2位通過の安定感。その存在感を示した。4日目に大きな着を並べて足踏みはあったものの、翌5日目には修正して、一気に優勝まで突き進んだ。「4日目は調整に失敗しましたけど、それでも今節は充実した一節でした」。通算55Vのベテランは、納得の表情で振り返った。

 弾みをつけて次走は戸田一般戦へ。2場所連続Vを狙う。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

第25回北九州市長杯 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 2 3853 岩崎 正哉 1'50"1 差し
2 1 3811 石田 章央 1'52"0
3 4 4100 松田 隆司 1'53"4
4 6 4403 木下 大將 1'53"7
5 3 4523 中村 辰也
6 5 3745 橋本 年光
スリット ST
1 .15
2 .11
3 .09
4 .15
5 .13
6 .15

TOP