ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

ひめちゃん杯(令和2年5月15日)

2コース差しで山地正樹V

山 地  正 樹
3933 山 地 正 樹(岡山)


 若松ボートの「ひめちゃん杯」は15日に優勝戦が行われた。5号艇の山地正樹(43歳=岡山)は前付けの2コース戦。1マークは、3コースからトップスタートを切った山口修路がマクリ狙うも、インの上野真之介が抵抗して両者大きく流れていき、この展開に山地が差して1着。今年初優勝。

===


 どんよりとした黒雲から雨粒が降る優勝戦。スタートラインに対して追い風5m。

 コースは15324/6。インで期待を背負った上野のスタートはコンマ20で後手(5番手)。前付け山地がコンマ15。3コースの山口が鋭発、コンマ12のトップスタートを切った。準優でも3コースマクリを決めたこの山口が、ここも1マークに攻め込もうとした。ただ、インの上野が抵抗抵抗。意地でも3号艇にはマクらせないといわんばかりに、1マークを先マイしながらオーバーターン。外側にぶっとんでいった。マクリは封じた。マクリは。ただ、1マークブイ際は、ガラ空きだった。

 差してくる艇は“待ってました”の絶好の展開だった。一艇、二艇、三艇と差し狙ってきた。その中で、前付け2コースで、一番差しの位置にいた山地が、最初に抜け出し、バック直線で単独先頭に。勝負は決した。

 レース後、「(1マークを)冷静に回れたことが勝因かな」と山地は振り返った。次走丸亀GIIMB大賞へ向かう。

 2着に岡田憲行。3着に山口。一日中雨が降り続いた最終日、優勝戦は3連単330倍台の波乱の配当で幕を閉じた。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

ひめちゃん杯 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 5 3933 山地 正樹 1'50"3 差し
2 4 3872 岡田 憲行 1'52"5
3 3 4367 山口 修路 1'53"1
4 6 3769 佐竹 恒彦 1'53"4
5 2 4131 原 豊土
6 1 4503 上野 真之介
スリット ST
1 .20
5 .15
3 .12
2 .13
4 .18
6 .21

TOP