Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nissoki/wmb.jp/public_html/data/winner.php on line 99

Warning: array_multisort(): Argument #1 is expected to be an array or a sort flag in /home/nissoki/wmb.jp/public_html/data/winner.php on line 130

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nissoki/wmb.jp/public_html/data/winner.php on line 131

Warning: array_multisort(): Argument #1 is expected to be an array or a sort flag in /home/nissoki/wmb.jp/public_html/data/winner.php on line 164
ボートレース若松 優勝選手一覧

ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

(令和元年6月22日)

羽野直也 平成最後の若松V!


4831 ()


 豪雨の中、渾身の逃走劇。若松ボートの「西部ボートレース記者クラブ杯」は26日に雨降る中で優勝戦が行われ、1号艇の羽野直也(24歳=福岡)がインからトップスタートを踏み込んで1マークを先マイ。差してきた安河内将を振り切って1着。平成最後の若松優勝戦を制した。優勝は1年5ヶ月ぶり、当地では初。

===


 11Rまでは降っていなかったが、優勝戦を待っていたかのように大雨が降り出した。風向きも変わった。

 進入は123/456。

 5号艇の木下翔太、6号艇の松江秀徳の動きは注目されたが、枠なり発進。

 インの1号艇・羽野はコンマ12のスタートを切った。トップスタートだった。そこからイン先マイ。2コースの2号艇・安河内の差しを入れさせない。バック直線で羽野が先頭に立ち、2マークを先取り。もう一度、安河内が差しを狙って好ハンドルを切ってきたが、ここも羽野が抑えて、トップを譲らず。2周1マークで安河内を突き放す。完全決着。あとは独走。雨の若松決戦を制した。

 ピットに上がってきて、ヘルメットを脱いだ羽野。表情は固く、締まったものだった。緊張はすぐには解けないといった感じだった。

 決して余裕のある戦いではなかった。

 不安はあった。今節はここまで、インから逃げていなかった。

 2日目11R。イン先マイを2艇に差しこまれて2着。3日目11Rに再び1号艇に乗るも、3艇に差されて2着。逃げれず。準優はイン先マイを差されながら、2マークで差し返して、さばきで勝った。1マークで小さく回れない。「イン向きの足ではなかったです」。

 それでも、良くしようと調整に汗を流し続けた羽野。優勝戦は違った。「1マーク回った感触は、今節で一番良かったと思います」。改良した舟足が、渾身のイン逃げを支えた。

 これで当地は初優勝。「福岡3場で優勝したいと思っていました。嬉しいです」。表情は緩んだ。

 通算優勝は6回目。一昨年の11月ぶりの美酒となった。昨年はSGに6度出場。GI戦も増え、上の舞台での経験を積んでいる。

 次走は5月2日からの福岡ゴールデンウィーク戦。5月21日からは同じく福岡SGオールスターに出場予定。2年連続だ。

 ファンからの人気も大きい羽野。水の上では鋭いマクリ差しなどを見せるが、陸では穏やかで優しい雰囲気が漂う。なごむ感じだ。「田舎育ちだからですかね」。そう言って、笑みを見せた。

 まもなく元号は変わる。「(令和は)強い選手でいたいですね」。平成7年生まれ、ボート界期待のトップルーキーは、平成最後の若松優勝で勢いをつけて、新たな時代を歩み出す。




===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
スリット ST

TOP