ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

若松夜王シリーズ第3戦公営レーシングプレス杯男女W優勝戦(令和元年8月2日)

豪快3カドマクリ! 三井所尊春V

三井所  尊 春
4101 三井所 尊 春(佐賀)


 一発で相手を仕留めた! 若松ボートの「若松夜王シリーズ第3戦公営レーシングプレス杯男女W優勝戦」は2日、11Rで男子の優勝戦が行われた。3号艇の三井所尊春(40歳=佐賀)が、3コースのカドから豪快なマクリを繰り出し、逃げる1号艇を引き波に沈めて快勝。今年2回目の優勝を飾った。通算では45回目。

===


 ゴールライン。右腕を若松の夜空に突き上げ、高々とガッツポーズ。赤い勝負服が嬉しそうに飛び込んだ。

 会心のレースだった。

 進入は12/3456。3号艇の三井所は、3カドを選択。この男の3カドは迫力満点。一昨年、多摩川で見事GI初優勝した時も3カドだったが、今回も三井所は闘志十分に、後方に引っ張った。

 コンマ16のスタートタイミングでスリットを通過。1マークは豪快にレバーを握り込み、逃げる1号艇の桑原悠に、猛烈な勢いでマクリ襲いかかった。スピード、迫力満点。一発KO。桑原は完全に引き波へ沈んだ。

 バック直線で三井所が早々とトップ独走。1マークの強烈パンチで相手を仕留めた男は、観客の視線を多く集めながら一人旅を楽しんでフィニッシュ。2着には、辻栄蔵との接戦を制した前田将太。3着に辻。

 レース後、三井所は爽快な笑顔が弾けた。「1マークは完璧でしょう! 最高です!」と、興奮冷めないといった感じで振り返った。

 これで今年は2回目。通算では45回目の優勝。「若松は大好きです。もっと走りたいですね」。そう話して、機嫌良く、足取りも軽く帰路についた。次走は地元唐津の「佐賀新聞社杯お盆特選〜がばい王者決定戦〜」へ向かう予定。

 今年は夏の甲子園(8月6日開幕)に、12年前に「がばい旋風」と呼ばれる快進撃で話題になった佐賀北が出場するが、一足早く若松水面では、がばい強か三井所の走りが見れた。


 

===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

若松夜王シリーズ第3戦公営レーシングプレス杯男女W優勝戦 6日目 11R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 3 4101 三井所 尊春 1'51"3 まくり
2 2 4504 前田 将太 1'52"6
3 4 3719 辻 栄蔵 1'54"2
4 1 4497 桑原 悠 1'56"1
5 5 3683 小羽 正作
6 6 4155 長野 壮志郎
スリット ST
1 .15
2 .13
3 .16
4 .26
5 .29
6 .28

TOP