若松記者席からズバリ! 若松パイナップルナイター5つのポイント

ポイント
1

1マークが狭くイン有利な水面。
追い潮+追い風はスタートの難易度アップ!

迫 晴信日刊スポーツ

水面の特徴としては、洞海湾の深部に位置し、潮の干満によって流れがあること。干潮時から満潮に向かうときは2マーク側から1マーク側に潮が満ちてくる、いわゆる「追い潮」になる。スリット付近では後ろから潮が追いかけてくるために、追い風を受けるような格好になり、スタートが早くなる。

逆に満潮時から干潮に向かうときには、1マーク側から2マーク側に潮が引<ことになり、スリット付近では向かい風を受けるような感じになる。これは、潮の大小によって変わる。大潮であればその影響は大きく、小潮になれば影響は小さくなる。

これに風の影響も加わる。夏場は基本的には南西の風で、西が入るとスリットでは向かい風だが、追い風で追い潮ともなればスタートはさらに早く、難しくなる。地元の選手は「スロ一で小回りブイを回るときに、潮の早さがだいたいわかる。それを見てスタートを調整する」と言う。

水面図

コースの特徴は、1マークが狭いことが挙げられる。1マークからスタンド側の消波装置までの距離は41m。そして1マークから1マーク側の正面岸までの距離は77m。これは九州地区では広い水面の唐津と比較すると、1マーク側の正面岸までの距離は約25mも違う。さらに、2マークからスタンド側の消波装置までの距離も若松では64mで、唐津の70mと比較するとかなり短い。

このため、スリットから1マークにかけては艇間が狭まり、インは逃げやすくなる。若松の昨年6月から1年間のインの1着率は57.0%。昨年5~10月までの夏場の1着率は55.9%。パワーダウンする夏場は、インの相場がわすかに落ちている。

開催期間中の潮汐表

開催日 満潮 干潮
7月11日(水) 中潮 21:08 14:51
12日(木) 大潮 21:56 15:42
13日(金) 大潮 22:41 16:31
14日(土) 大潮 23:24 17:17
15日(日) 中潮 11:14 18:02
16日(月) 中潮 12:00 18:45

最近6ヵ月進入コース別成績

進入コース 勝率 1着率 2着率 3着率 平均ST 決まり手別1着回数
逃げ 捲り 捲り差し 差し 抜き 恵まれ
1コース 8.20 58.6% 17.9% 7.6% 0.16 659回 0回 0回 0回 48回 2回
2コース 5.62 14.4% 25.0% 17.9% 0.17 0回 29回 0回 114回 31回 0回
3コース 5.33 9.9% 22.6% 22.5% 0.16 0回 54回 36回 13回 15回 1回
4コース 5.02 9.6% 17.8% 21.6% 0.16 0回 47回 25回 27回 16回 1回
5コース 4.18 6.0% 11.6% 18.1% 0.17 0回 7回 45回 6回 14回 0回
6コース 3.16 1.8% 5.6% 12.8% 0.19 0回 3回 9回 4回 6回 0回

(2017年12月1日〜2018年5月26日/1,212レース)

ポイント
2

外枠が好タイムならパワー十分。
回り足の優劣が分かる1周タイムに注目!

中森 亮日刊スポーツ

2013年1月22日、九州地区選から全国初のレーザー自動測定による1周タイムの提供を始めた。展示タイムは直線(=伸び)が反映されるが、1周タイムで回り足の優劣がわかる。さらに昨年4月19日から導入された直線タイムにより、直線(=出足)と、選手のモーター状態を総合的に判断できる材料が揃った。

中でも、1周タイムに注目したい。展示航走の1周バックのスタートライン延長線から、l周2マーク、2周1マークのターンを経て、1周したタイムのことを指す。2度のターンが反映されるだけに、スムーズなほど好タイムになる。ターンが流れたり、引き波にかかるようだと、当然タイムは悪くなる。

タイムは航跡のない1号艇が好タイムになりやすく、枠番が大きいほど、タイムは悪くなる。逆を言えば、枠番の大きい選手がタイムを出しているときは狙い目になる。記念レーサーになると、旋回力も高く、タイムは揃いそう。特に夏場はモーターのパワーが落ちるだけに、過去の同時期を見ても37秒台が中心になりそうだ。その中で、好タイムを出す選手は状態が良いと言える。

選手では毒島誠、茅原悠紀、秋山直之らはしっかりタイムを出してくるタイプなので、他の選手との比較で仕上がり具合が判断しやすいと見る。さらに、地元の若手、仲谷颯仁や羽野直也にも注目だが、オーシャンカップ前で、最も直近で若松を走った木下翔太からも目が離せない。

計測ポイント

ポイント
3

高配当が出るのはデイレース。
3コース捲りと5コースマクリ差しで勝負!

山口 和彦スポーツニッポン

今年1〜5月の5ヵ月間の若松コース別1着率は、1コースから58.7%、15.5%、9.1%、9.5%、5.6%、1.9%となっている。福岡3場で1号艇の1着率は芦屋の64.7%がトップ。続いて若松。独特のうねりがある福岡は47.0%となっている。福岡に限って言えば、インが弱い分、どこの枠からでも出番があり、荒れる水面でもある。

ナイターの若松は、昼と夜とでは温度差が大きい。高配当が良く出るのは昼間の気温の高い時間帯。夕暮れになり気温が下がるにしたがつてインが幅を利かせてくる。

高配当のキーポイントは、カド4コースだろう。右隣の5コースが捲り差しで突き抜け、6コースが絡むレ一スは高配当に繋がる。若松はモーター差も大きい。ただ、5月7日から温水パイプが外されてモーター相場も変わってきた。ボートの良否も海水の割にはかなり差があるが、6月15日に新ポートに替わったばかりで未知数。モーターの見極めが先決だ。

当然、風向きに風の強弱も舟券に大きく左右するのは言うまでもない。若松は風が吹き抜けるため、前日の予報で3~4mとあっても当日は8m前後の強風もよく目にする。7月の風は南南西に南の風が多い。ホーム向かい風か斜め左横風。風次第ではカド一気の展開も。

今回は実力接近のSG。波乱は足の固まらないシリーズ序盤だろう。中盤からはスタートも横一線か。その図柄で、狙いは3コースの捲りに5コースの全速捲り差し。5コースが抜ければ高配当間違いなしだ。

直近6ヵ月3連単高配当 ベスト10

(2017年12月1日〜2018年5月26日)

順位 発生日 競走種別レース連番払戻金決まり手
1月7日 一般競走 5R4-6-1146,780円 4コース捲り
2月7日一般競走 7R5-2-6142,210円 6コース捲り差し
1月13日一般競走 4R6-2-4128,380円 6コース差し
3月4日一般競走 8R4-2-5125,610円 4コース捲り
5月25日 ルーキーS 2R6-3-1115,270円 6コース捲り
5月5日 タイトル 3R6-2-4100,960円 6コース差し
3月12日 一般競走 8R4-2-699,530円 4コース捲り
2月15日 GI地区選 6R6-1-398,680円 5コース捲り差し
1月5日一般競走 9R4-3-692,190円 4コース捲り差し
1月26日一般競走 2R6-3-183,960円 5コース捲り差し

ポイント
4

低調機には早めに1号艇を。
若松の番組は、希望とチャンスを潰さない!

岡部 貴礼九州スポーツ

若松の一般戦における番組傾向としては、前半の第1〜4レ一スはオールB級戦、敗者戦もあるような混戦番組となる。各地のデイレースが終わった後に行われる第5レ一スからは基本的にA1級レーサーが1号艇に配され、内水域優位に推移することが多い。

さらに第9レ一スからは1号艇にはAl級を置き、インの信頼度はさらに増していく。節の主役の初日ドリーム組は準優までは同じレ一スにならす、各レ一スで目玉選手として人気を集める。

また、地元の選手が勝ちやすいような番組が組まれることも多く、節目の記録や、期待の若手の水神祭などへの配慮も見られる。この流れもあり、これまで第5、8レ一スで行われていた進入固定戦が、今年4月から第5レ一スの1回のみとなった。これは地元の若手のチャンスを進入固定戦の6号艇で潰さす、なるべく多くのチャンスを与えて、地元のスター選手を育てていきたい、との思いから廃止になったと見られている。

モーターの優劣で強弱をつけることもありそうだ。これまでのSGやGIにおいては、低調機を引いてしまった選手には5、6着を並べて予選突破が絶望的となる前、なるべく早い段階で1号艇を与えて、予選突破へ希望を見出してもらうように構成されている。当地のSGやGIにおいては、低調機のインでもスタートを踏み込んで逃げることが多数あるため、舟券作戦上では注意が必要だろう。

また、予選が終わった5日目からの一般戦では、予選落ちした銘柄級が1号艇に、最終日は機力の良い選抜組が1号艇に配されることが多く、日増しに1号艇の信頼度が上がっていく印象が強い。

ポイント
5

若松のエース機は36号機。
16、20と、若松3強を形成!

井上 泰宏西日本スポーツ

現モーターは12月が初下ろしで半年間使用。温水パイプが外れてやや変動はあったが、相場はほぼ固まつている。

361620が3強として君臨。中でも、エース36は時期も乗り手も問わず、力感のある強力な足を披露してきた。16は2月の当地地区選で石川真二の調整がドはまり。その後、プロペラの形は変わったが、スムーズなレース足は変わらない。

20は春先に下降線をたどったが、4月に小畑実成の手に掛かり、蘇った。

43は温水パイプが外れて急降下。ただ、直前のシリーズで新プロペになった影響もありそう。銘柄級の手が入れば復活も十分に期待できる。4950は現行モーターでは珍しい伸び型。スリットからグイッと出て行く。

数字だけではわからない 若松記者席オススメモーターベスト10

(2017年12月使用開始〜2018年5月26日)


モーター
番号
2連率(順位) 勝率 優出 優勝 コメント
36 45.6%(4位) 6.02 4 2 エース機。乗り手不問で上位足に
16 53.9%(1位) 6.66 5 2 行き足や回り足などレース足が抜群。
20 48.0%(2位) 6.24 4 0 行き足の良さが伸びまでつながる。
43 45.1%(6位) 6.00 3 2 温水パイプが外れて下降気味も素性は◎。
50 42.8%(7位) 5.89 2 0 伸び強力で近況はつねに上位の一角。
26 38.5%(16位) 5.59 2 1 出足や行き足が力強く、実戦向きだ。
11 37.7%(18位) 5.46 4 0 気温が上がり上昇。近況は伸び寄り。
32 36.1%(25位) 5.75 5 2 田頭実が強力な伸びでGW戦優勝。
45 39.6%(12位) 5.40 3 0 出足型にも、伸び型にも特徴が出る。
49 42.0%(9位) 5.56 2 0 伸び型で、レース足も軽快そのもの。

※若松はチルト1.5度まで使用できます

TOP