ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

夜王シリーズ第1戦西日本スポーツ杯ナイター王決定戦(平成29年7月23日)

森岡満郎 予選18番目からのV!

森 岡  満 郎
3815 森 岡 満 郎(岡山)


 予選18番目の男、頂点を取る! 若松ボートの「夜王シリーズ第1戦西日本スポーツ杯ナイター王決定戦」は23日に優勝戦が行われた。3コースから発進した3号艇の森岡満郎(41歳=岡山)が、イン先マイの1号艇・佐藤大介の懐にマクリ差しで切り込み、続く2マークを先頭ターン。ここで単独先頭に立ち1着ゴール。予選は18位だったが、準優と優勝戦で連日上位陣を撃破。今年初、若松でも初Vを飾り、笑みをこぼした。

===


 3連単、15万600円。前日の準優11R。先頭でゴールラインに到着したのは、人気をかぶった白でも黒でもなく、緑のカポックだった。払戻金には、強烈な6ケタの数字が並んでいた。

 穴党狂喜乱舞のこの波乱を演出したのは、森岡だった。5コースから目の覚める鮮烈なマクリ差しで展開をとらえ、勝利した。予選18位で6号艇だったが、その不利枠もはねのけ、優勝戦への切符を掴み取ったのである。準優3カードで、この森岡のインパクトは1番だった。

 もう森岡の勢いは止まらなかった。

 優勝戦は3号艇。3コースから発進。インから先マイする1号艇の佐藤の懐に、差しを繰り出した。これまた絶妙なマクリ差しで飛び込み、佐藤の内側に艇先をねじ込んだ。佐藤が内側へ絞めてきて艇がガツンとぶつかり合うも、森岡はひかない。外には決して退かない。最内のポジションを守った。続く1周2マーク。森岡が今度は先マイ。窮屈な旋回だったが、この2マークのターンで単独先頭へ立った。そのまま首位を守りながら周回を重ねてゴールイン。下克上を見事にやってのけ、頂点に立った。

 今年初、若松でも初のV。

 当地初というのが意外だった。過去7節で6優出。森岡は驚異的に若松と水の合う男なのである。

「(若松は)よく優出させてもらっています。相性がいいです。また呼んでください」。嬉しそうにそう語り、帰路についた。

 若松で景気よく勢いをつけた森岡に今夏は注目だ。




===


【田中堅 あと一歩】
 自身初Vを目指して戦った田中堅は2着。惜しくもトップはとれなかった。それでも、3周2マークでは先頭の森岡に急接近した。上がりタイムは、森岡が1分51秒2。田中が1分51秒6だった。ゴールまであきらめない田中の走りが確かにそこにあった。



===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

夜王シリーズ第1戦西日本スポーツ杯ナイター王決定戦 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 3 3815 森岡 満郎 1'51'2 まくり差し
2 4 4491 田中 堅 1'51'6
3 1 3813 佐藤 大介 1'54'0
4 5 3482 金子 猛志 1'54'9
5 6 4446 和田 兼輔
6 2 3777 樋口 亮
スリット ST
1 .15
2 .21
3 .19
4 .16
5 .19
6 .19

TOP