ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

第37回日本モーターボート選手会会長杯(令和元年10月27日)

岡田憲行 マクリ差し大波乱演出V

岡 田  憲 行
3872 岡 田 憲 行(大阪)


 若松ボートの「第37回日本モーターボート選手会会長杯」は27日に優勝戦が行われた。5号艇の岡田憲行(43歳=大阪)が5コースからコンマ11のスタートを切ると、イン先マイする1号艇の藤田靖弘の懐にマクリ差しを決めて快勝。3連単10万円超えのジャンボ配当を演出して、今年4回目の優勝を飾った。当地では初優勝となった。

===


 4日目3Rでは5コースから全速マクリで圧勝した。優勝戦は、同じ5コースから今度は鋭いマクリ差しだ。

 進入は12/3456。

 イン先マイに打って出るのは1号艇の藤田。そこに3コースの桑原悠がマクリ差し狙う。だが入れず、桑原は後方に消えた。藤田は第一の矢は弾き落とした。しかし、それで逃げ切れるレースではなかった。懐には第二の矢が突き刺さっていた。岡田だった。3コースの桑原の位置よりも、もっと角度を十分にとって、全速でマクリ差してきた黄色い勝負服は、白カポックを完全に捕まえていた。

 バック直線。内に岡田、外に藤田。藤田は準優の2Mでは渾身の逆転差しを繰り出して勝ったが、ここではそのカードを出せない。1周2マーク。先マイするは岡田。差し返したい藤田。ただ、内から突っ込んでくる今井貴士を先に回している内に、さらに吉村正明にも弾かれて、もまれながら艇団の中へ。その間に、岡田が単独先頭でホーム直線を駆け抜ける。そのまま2周1マークもトップ旋回。白黒は決した。

 岡田は勝った。レース前は「舟券に絡めるように頑張る」と話していたが、終わってみればトップを掴んでいた。外枠で人気を下げていたため、3連単は10万円超えのジャンボ配当を演出した。衝撃の日曜日。

 当地では初優勝となった。「(若松では過去に)優勝戦1号艇の時もあった。やっと勝てました」。2017年に1号艇で優出するも2着敗戦。あと一歩届かず悔しさを味わっていた。

 ただ、若松で長年レースを見てきているファンは、岡田の相性の良さを知っている人もいるだろう。特に最近の活躍だ。

 (直近5節)
 2017年11月 優出
 2018年10月 優出
 2019年2月 準優敗退
 2019年6月 優出
 2019年10月 優勝

 上の5節では57走で45回の舟券絡みだった。

 次走は住之江へ。11月末には再び若松に出場予定。

 今年はこれで4回目の優勝。優出は12回。年間V数はいくつになるのか。今後も目が離せなさそうだ。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

第37回日本モーターボート選手会会長杯 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 5 3872 岡田 憲行 1'48"7 まくり差し
2 2 4108 吉村 正明 1'50"0
3 4 4287 今井 貴士 1'51"2
4 3 4497 桑原 悠 1'52"5
5 1 4376 藤田 靖弘
6 6 4172 森定 晃史
スリット ST
1 .15
2 .11
3 .09
4 .06
5 .11
6 .16

TOP