ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

マンスリーBOAT RACEカップ争奪夜王シリーズ第3戦第3回地区王決定戦(平成29年1月23日)

快パワー! 山一鉄也が鉄壁の逃げでV

山 一  鉄 也
3514 山 一 鉄 也(福岡)

 
 インにそびえ立つ山は高かった。7日間のロングランで行われた若松ボートの「マンスリーBOAT RACEカップ争奪夜王シリーズ第3戦第3回地区王決定戦」は23日に優勝戦が行われた。快パワー機を駆りシリーズを引っ張ってきた1号艇の山一鉄也(49歳=福岡)が1コースから力強く先マイ。対戦相手達を完封する鉄壁のイン逃げを決めてトップ独走。今年初優勝を飾った。

===


 完勝だった。

 インから発進した1号艇の山一はコンマ14のトップタイのスタートだった。2コースより外の艇はコンマ22、18、21、18、14。インにそびえ立つ山を、切り崩しにかかるような攻め手はいなかった。巨大な山は、敵を寄せ付けない。

 1マークをしっかりと見て、白カポックがインモンキー旋回。3コースから赤カポックが握ったが全く届かない。4コースの青カポックが差してきたが、それはもはや2番手争いのお話だった。バック直線へと首位で突き抜けていったのは、やはり断然1番人気に押される山一だった。そこでもう3艇身くらいは後続に差をつけていた。勝負アリ。あとは悠々と残り周回を走ってゴールイン。誰の水しぶきも浴びないイン完封劇で、長い長い長い7日節(中止順延も1日あった)の今シリーズを締めくくった。

 レース後、「スタートは少し放りました。全速でも良かったけどね」と山一。“もうちょっといけたなぁ”といった感じで、踏み込みには関しては少し不満足な表情も見せたが、それでも、おおむね満足そうだった。「このエンジンはほんとに良かったです」と、相棒53号機を何度も褒めていた。

 山一の成績を振り返ると、1,1,1,2,1,1,2,1,2,1,1着。見事にオール2連対。抜群の安定感で予選トップ通過。シリーズを引っ張り、頂点まで駆け上がった。「レース足がいい」と言う53号機の快パワーも武器にしながら、大活躍を見せた。

 今節は6地区の対抗戦も行っていて、九州地区が優勝を収めたのだが、山一の稼いだポイントはとても大きかった。同じ九州の実力者・平田忠則が舟足弱く序盤から苦戦していたので、山一の活躍がなければ結果は変わっていた可能性はある。

 今節の「選手代表者」として、九州地区の「ポイントゲッター」として、そして「シリーズリーダー」として、存在感を、これでもかと示しまくった山一であった。

 次走は桐生の一般戦(2月1日初日)へ。そのあとは、GI九州地区選手権(2月16日初日・福岡)が控える。

 12月に児島で準パーフェクトV、今回の若松でオール2連対V。4月に50歳になるが、ベテランは元気いっぱい。勢いは◎。2月も好走に期待だ。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

マンスリーBOAT RACEカップ争奪夜王シリーズ第3戦第3回地区王決定戦 7日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 3514 山一 鉄也 1'47'2 逃 げ
2 4 3822 平尾 崇典 1'49'1
3 6 4172 森定 晃史 1'50'4
4 3 3963 原田 秀弥 1'51'5
5 5 4177 萬 正嗣
6 2 4199 北川 潤二
スリット ST
1 .14
2 .22
3 .18
4 .21
5 .18
6 .14

TOP