ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

サッポロビールカップ(令和元年8月10日)

一着並べる 柳沢一 準完全V!

柳 沢    一
4074 柳 沢 一(愛知)


 若松ボートの「サッポロビールカップ」は10日に優勝戦が行われた。1号艇の柳沢一(38歳=愛知)がインからコンマ12のトップタイのスタート。1マーク先マイから逃げ切り、7戦6勝2着1本の準パーフェクト達成。これで今年は、6月のSGグラチャンを含む4回目の優勝を飾った。イン戦は17連勝となった。

===


 グラチャン覇者は、勢い衰えず、一着を並べた。

 初日から6戦5勝、2着1本で勝ち上がり。

 優勝戦1号艇に柳沢。2号艇に86期同期の島田一生。この男も柳沢と同じ成績で大暴れ、今節唯一柳沢に土をつけたのが島田だった。乗りっぷりは光った。

 同期で内枠に並んだ一戦。軍配は柳沢にあがった。進入は12/3456。ほぼ同体でスリットを通過した白カポックと黒カポック。まずは柳沢がインモンキー。真っ先に1マークを回る。差し狙いの島田はターンマークに接触して痛恨の後退。バック直線で柳沢先頭。2マークも先に回って、リードを広げていって独走ゴール。これでイン戦17連勝、今年4回目の優勝を飾った。「今日は合ってなかった。準優は出足が良かったです」と、感触は完璧というわけではなさそうだったが、それでもきっちりと1番人気に応えて、結果を出した。

 7戦6勝、2着1本。準パーフェクト達成。これまで若松では目立った実績はなく、過去3年当地勝率は5.88だったが、今節は圧巻の走りを見せつけた。

 今年は快進撃だ。6月にグラチャンを制覇、SGタイトルホルダーの仲間入りを果たした。優勝戦はインからコンマ01の電撃スタートで逃走。物怖じしない度胸を全国のファンに見せた。続くSGオーシャンでも好走を続けて準優勝。グラチャンの活躍がフロックではないことを印象付けた。オーシャン優勝戦で見せた5コースからの鋭いマクリ差しハンドルは素晴らしかった。今年これからのSG戦線でも注目の存在として名は上がるだろう。

 次走は地元蒲郡のお盆シリーズへ。“凱旋レース”の後は、SGメモリアルに参戦。

 今秋のSGダービーへの出場も先日決まった。

 柳沢にとって躍進の一年。今年後半も目が離せない。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

サッポロビールカップ 4日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 4074 柳沢 一 1'51"7 逃げ
2 3 4391 松田 祐季 1'53"6
3 4 3955 眞田 英二 1'54"6
4 2 4060 島田 一生 1'55"2
5 5 4571 菅 章哉
6 6 4173 岡谷 健吾
スリット ST
1 .12
2 .13
3 .12
4 .14
5 .13
6 .19

TOP