ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

(平成28年12月3日)

好調 渡辺浩司 2場所連続優勝!


4256 ()


 若松ボートの「第33回日本モーターボート選手会会長杯 」は10日、優勝戦が行われた。1号艇の渡辺浩司(32歳=福岡)が、インから好スタート決めて1マークを先マイ。誰も寄せ付けない逃げを披露して1着ゴール。前走の常滑に続いて2場所連続Vを飾った。この2節はオール3連対。18走して1着12本、2着1本、3着5本と安定感光らせている。

===


 インが0.12、2コースが0.19、3コースが0.11。

 機力不足を嘆いていた2コース白水勝也が置いていかれ気味で、インの渡辺にとっては隣の壁役不在の嫌なスリット隊形だった。センター勢から丸見えである。

「少し焦りました」。渡辺は息を呑んだ。

  それでも、1マークまでにグンと艇を伸ばしていってイン先マイ。今節はインに3回入って負けなし。ここは地元若松、インの回り方は上手い。スリットでは一瞬焦りが生じたものの、1マークのハンドル操作には影響を出さず、いつものように的確にイン旋回を決めた。A1級渡辺の強さがそこにあった。3コースからマクリ差しを狙ってきた作野恒、最内差しの長野壮志郎らを全く寄せ付けない。影さえも踏ませなかった。

 1マークで勝負を決めた渡辺は、颯爽とバック直線へ躍り出た。後続はぶっちぎりで突き放している。あとは軽快に3周飛ばしてゴールラインを駆け抜けていったのだった。

  道中、渡辺は手応えを感じていた。「舟足は今日が今節で一番良く仕上がっていました」。前検・初日ではそんな目立たなかった21号機だったが、調整してきっちりと優勝戦日に最高の状態にもってきていた。さすがの手腕だった。

 これで通算14回目のV。今年は前走の常滑一般戦に続いて2場所連続V。この2節はオール3連対。18走で1着12本、2着1本、3着5本と安定感を光らせている。次は三国一般戦、この流れで3連続Vも可能性はある。

「今年は福岡でSGダービー(10月)がありますから、それを目指しています」

 そうきっちりと目標を話す渡辺。今の好調リズムを維持なら、今年は実りの秋が待っていそうだ。

===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
スリット ST

TOP