ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

読売新聞社杯GI全日本覇者決定戦開設67周年記念競走(令和元年10月17日)

峰 竜太 イン逃走 若松周年初V

峰    竜 太
4320 峰 竜 太(佐賀)


 全国から強豪が集まり連日熱戦を繰り広げた若松ボートの「読売新聞社杯GI全日本覇者決定戦開設67周年記念競走」は17日に優勝戦が行われた。1号艇の峰 竜太(34歳=佐賀)がインからコンマ09のスタートを切って1マークを先マイ。マクリも差しも寄せ付けず独走。若松周年初優勝を飾った。GI通算では10回目の優勝。

===

 進入は123/456。

 インの峰はコンマ09。他の選手達もゼロ台の際どいところまで踏み込んできた。5コースの吉田俊彦はFに散った。「みんな早くなる予感がしたので、早い起こしでいった。スタートは放りました。確実に入れたかった」。予感通りのスリット合戦だったが、その中でも、冷静だった峰。

 インから伸び返して、1マークを先マイ。一番差しの中村尊も、3コースから握る赤岩善生も誰も寄せ付けない。「いいターンでしたね。S展示では自分が一番良かったので、あとはやるだけと思っていた」。自身もうなずく好旋回で1マークを圧倒。あとは一人旅でフィニッシュ。

 GIは通算10回目。若松周年は初制覇となった。

 今節手にしたモーターは2連対率28%だったが、前検の手応えは「悪くなかった」と、胸をなで下ろした。中間整備が入っていた。予選は堂々トップ通過。「王道で優勝したい」と話していたがその通りのシリーズリーダー。「全レース、ほぼストライクゾーンに入れていけたなと思う」と、さすがの調整手腕も光った。

「めっちゃ嬉しいですね。今はこれ(GI)しかないと思うとプレッシャーがすごくあって、今日は緊張しました」

 8月大村のSGメモリアル準優でFを切った。それからSGを4節除外された(グランプリは除く)。今月のダービーも来月のチャレンジカップも不在。「つらい。自分がやったことなんですけど」と峰。それでも「植木通彦さんに“やるしかないんだ”と声をかけていただいた。走れるGIは全部優勝しますと返した。自分ができるのはそれしかない」と言う。頂点を見てきた艇王の言葉に、発奮した。

 今の峰にとって、GI戦にかける思いはとてつもなく強い。だからこそ今日も緊張があったが、それにも打ち勝った。

 今節は「初日走る前から優勝すると思ってやっていたが、それはすごく難しいこと。自分が成長したなと思う」。そう振り返った。ピットでは後輩の安河内将と笑顔で抱き合って喜んだ。

 これで賞金ランキングを上げて2位へ。次走は丸亀GI、その後蒲郡GI。「あとGI2つ。あきらめない。グランプリは走れるので、そこでは最大限の力を発揮したい」。

 場内で行われた優勝表彰式のラストでは、大勢のファンの前で「フライング後も熱い声援を感じます。もっと強くなります」と誓った。大きな声援と拍手で送り出された。



===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

読売新聞社杯GI全日本覇者決定戦開設67周年記念競走 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 4320 峰 竜太 1'48"1 逃げ
2 2 4090 中村 尊 1'49"9
3 6 4659 木下 翔太 1'52"4
4 4 4028 田村 隆信 1'57"0
5 3 3946 赤岩 善生 1'59"7
F 5 4055 吉田 俊彦
スリット ST
1 .09
2 .07
3 .09
4 .06
5 F.01
6 .02

TOP