ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

スポーツニッポン杯GW特選競走(平成30年5月5日)

強すぎる田頭実 若松15V

田 頭    実
3257 田 頭 実(福岡)


 若松ボートの「スポーツニッポン杯GW特選競走」は5日に優勝戦が行われた。1番人気に押された1号艇の田頭実(51歳=福岡)が、インから1人だけゼロ台の鋭いスタートを切り、1マークを先マイ。他艇の攻めを寄せつけないイン速攻を披露して完封。人気に応えて今年2回目の優勝を飾った。当地では驚異の15回目の優勝。

===


 コースは123/456。

 インの田頭は、一人だけゼロ台。さすがの鋭い踏み込みでスリットラインを通過。

 2、3コースはヘコんでおり、壁役はいなかった。4コースのS巧者・松村敏はコンマ11を切り、内側へじわりと寄せてきていた。

 それでも田頭は動じない。慌てず騒がず。1マークをよく見ながら、先マイ。握ってくる松村を寄せつけない。きっちりとインモンキー。バックストレッチへ先頭で抜ける。単独先頭。2マークも先マイ決め、勝負アリ。悠々とゴールラインを駆け抜けていった。

 レース後のウィニングラン。丁寧にゆっくりとボートを走らせている田頭の姿があった。ホームプールの勝利をファンと共にたっぷり味わっていた。

 水面際には大勢の人が田頭へ手を振っていた。ゴールデンウィーク期間で人は多い。田頭コールも起きていた。手を振っていた人の多くは、田頭を見送り終えると、足早に払い戻し窓口へ向かっていた。窓口には多くの列が作られていた。それが田頭の人気の証であった。

 「さすが田頭やな」。東スタンド1階で、白髪のおじさんファン2人組が嬉しそうに感想を話しあっていた。「配当は安いけどなぁ」。笑い合っていた。

 本当に、田頭の仕事ぶり、さすがである。

 期待集まる初日ドリーム戦を勝ち、予選はトップ通過。7戦6勝で優勝戦1号艇に乗り、横綱相撲で押し切った。

 最近の若松優勝戦は、5節連続で1号艇が負けている流れだった。しかし、今日は違う。ワケが違う。1号艇が“田頭”なのだ。若松実績が他と違う。白カポックの負の流れなど、田頭があっさりと断ち切ってみせた。

 これで若松水面での通算Vは「15回」となった。ぶっちぎりだ。

「若松では去年のGWから優勝できていなかったので良かった。来月の2日からまた若松を走るので頑張ります」

 6月2日からの若松「マクール杯」に参戦予定。

 太田和美や平石和男らを迎撃して、16Vを取りに行く。


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

スポーツニッポン杯GW特選競走 5日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 3257 田頭 実 1'48"6 逃げ
2 4 4236 松村 敏 1'50"1
3 2 3360 原田 富士男 1'51"7
4 5 4022 待鳥 雄紀 1'52"6
5 6 4802 中田 達也
6 3 3703 鳥飼 眞
スリット ST
1 .09
2 .17
3 .26
4 .11
5 .16
6 .13

TOP