ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

デイリースポーツ杯(令和元年6月10日)

馬袋義則 イン逃走決めて今年2V!

馬 袋  義 則
3612 馬 袋 義 則(兵庫)


 若松ボートの「デイリースポーツ杯」は10日に優勝戦が行われた。中ヘコみのスリット隊形になるも、1号艇の馬袋義則(46歳=兵庫)がインから先マイ。佐藤翼、岡崎恭裕のマクリ差しを許さず逃げ切って、今年2回目の優勝を飾った。今節12戦9勝の活躍でシリーズを引っ張った。

===


 初日から3連勝で飛び出した馬袋。長い7日間シリーズだったものの、リズムを大きく崩すことはなく、予選をトップ通過。

 腕には定評の実力者と、「バランス良く、いいモーター」と評価する12号機が組んだ今節。本当に強かった。

 準優もインからコンマ09を踏み込んで優出切符を掴んだ。

 そして優勝戦。12356/4の隊形。

 6号艇が動いてくるので、枠なり3対3のようなゆったりとしたイン取りにはならなかったものの、馬袋は「深い進入になることは分かっていました」と想定済み。
 
 慌てず、騒がず。円熟の46歳。落ち着いていた。

 インからコンマ21のスタートを切った馬袋は、外から攻め込まれる前に、艇をグイッと伸ばしていって1周1マークを先マイ。「行き足が良かったです」。抜群の12号機がうなりを上げる。今節はイン戦が4回あったが、すべて勝っていた。そしてここも。マクリ差し狙う佐藤と岡崎を、懐に入れさせないインモンキー。

 バック直線に抜けると、後続を3艇身ほど突き放して、独走。2マークもトップで回って、あとは一人旅。人気に応える逃走劇で、シリーズを締めくくった。

 今年はこれで7回の優出で2回目のV。レース後、関係者からトロフィーを受け取ると表情が緩んだ。「優勝できて良かった。嬉しいですね」。

 終わってみれば12戦9勝。圧巻の走りで駆け抜けた。

 現在賞金ランキングのトップを独走するのは兵庫の吉川元浩。同支部の馬袋も、吉川と期は違うが1972年生まれの46歳同士。馬袋もマスターズ世代だが、まだまだ健在。これからも注目しておきたい選手だ。

 


===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

デイリースポーツ杯 7日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 1 3612 馬袋 義則 1'48"9 逃げ
2 3 4573 佐藤 翼 1'51"0
3 4 4296 岡崎 恭裕 1'52"0
4 2 4350 篠崎 元志 1'53"7
5 5 3872 岡田 憲行
6 6 3582 吉川 昭男
スリット ST
1 .21
2 .29
3 .24
5 .36
6 .26
4 .16

TOP