ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

(平成30年5月26日)

「出足強烈」宮地元輝 差しV


4445 ()


 若松ボートの「第35回日本財団会長杯」は25日に優勝戦が行われた。2コースから発進した2号艇の宮地元輝(31歳=佐賀)。1周1マークは外から伸びてきた4号艇にマクられる展開になるも、冷静に差しハンドルを入れて、バック直線で最内を伸びて4号艇を捕まえ2マークを先マイ。ここで単独首位に立ち、今年3回目の優勝を飾った。若松では初。

===


 コースは123/456。

 スリットは横一線も、カドの佐々木康幸がグイッとのぞいてきて、内をマクリにかかった。これに対して、インの三嶌誠司は応戦。佐々木のマクリは外に膨らんだ。三嶌は佐々木の引き波に入って失速。

 2コースの宮地は差しをいれる。「出足は強烈でした」。バック直線、外に膨らんでいた佐々木に並び、捕まえた。

 続く2マークを宮地が先取り。外から佐々木が握って攻めてきたが、それを牽制しながら2マークを回って、単独首位へ。佐々木との握り合いに勝ち、あとはトップを守りきり先頭ゴール。1マークも2マークも、見所満載の一戦を制した。

 レース後、カポックを脱ぐと「よっしゃ」と声が出た。嬉しそうだった。

 今年は3回目の優勝。当地では初となった。

 次走は地元唐津へ。正月レースだ。

 帰り際、目標を聞いた。「来年はSGに出ることです」。宮地はきっぱりと、力強く、そう言った。

 好調の佐賀勢。宮地は先輩達を追いかける。

 来年はこの男の走りに注目だ。





===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
スリット ST

TOP