<<次の記事 前の記事>>

2018ボートレーサー交流会

6月16日(土)
この日、広島県内ホテルにおいて、2018ボートレーサー交流会が開催されました。私もアンバサダーとして参加しました。地元広島支部のスターレーサー山口剛選手とトークショーを含めた様々なイベントを行い、ご参加の皆様といっしょに楽しい時間を過ごしました。
2018ボートレーサー交流会

今回はテレボート会員の皆さんにご参加いただいたのですが、現在様々な方法でボートレースを楽しむことができており、このテレボートもその楽しみ方の一つと思います。

この日ご参加の皆さんは、翌日は、ボートレース宮島で開催されるGⅡモーターボート大賞最終日(優勝戦)を本場(レース場)で楽しむとのことでした。迫力を感じていただきたいと思います。

2018ボートレーサー交流会
トークイベントでは、今回ボートレースアンバサダーとしてのご挨拶や山口選手といっしょに、ボートレースについての様々な話や面白いクイズによるプレゼントなどで大いに盛り上がりました。 ご参加ありがとうございました!!

それでは また…     植木 通彦

| 03:45 PM |

ボートレース宮島GII・打ち合わせ

6月14日
この日、ボートレース振興会会議室にて、ただいまボートレース宮島で開催されているGIIモーターボート大賞に係わる広報活動について打合せをしました。
ボートレース宮島GII・打合せ

本場では最終日(17日・日)にイベントがあります。
地元のスターレーサー山口剛選手とのトークイベントです。
ご来場お待ちしております!!

それでは また…     植木 通彦

| 08:32 PM |

高原直泰さん講演

6月11日
この日、都内にて高原直泰さんの講演に参加してきました。皆さんはご存知とは思いますが高原氏はプロサッカー選手として日本代表、Jリーグをはじめ海外などで大活躍したスター選手であります。
凄く優しい方でした。にこっ
高原直泰さん講演

沖縄を拠点として2015年にチーム(沖縄SV)を立ち上げ、現在は九州リーグを優勝しJFLを目指しているとのことでした。
頑張ってください!!

強いチーム創りはもちろんですが、同時にサッカーを通して地域への貢献(地域創生)を高めていくと熱く語られていました。

競技は異なるものの、同じプロ経験者として、競技の話はもちろんですが、セカンドキャリアについての考え方など大変勉強になりました。
ありがとうございました。

それでは また…     植木 通彦

| 08:31 PM |

ボートレース振興会 広報活動打ち合わせ

6月7日・8日
2日間に亘り、ボートレース振興会会議室において、アンバサダーとしての初回活動(GIボートレース福岡)を検証し、そして今後の広報活動について担当者と打合せを行いました。

同時に、今後様々な分野で活動することからアンバサダーとしての写真撮影も行いました。プロの方々のおかげでグレードアップしていると思います。(笑)
プロは流石ですね!

ボートレース振興会 広報活動打ち合わせ
今後の広報活動を楽しみにしてください!!
整髪中の写真です。(笑)

それでは また…     植木 通彦

| 02:56 PM |

ボートレース福岡 開設65周年記念競走GI福岡チャンピオンカップ

6月2日
この日、開設65周年記念競走GI福岡チャンピオンカップ開催初日を迎えるボートレース福岡での広報活動でした。内容としてはJLCへの出演と場内イベントでした。今回がボートレースアンバサダーとして初めての広報活動となりました。
ボートレース福岡 開設65周年記念競走GI福岡チャンピオンカップ

さて、JLC(日本レジャーチャンネル)出演ですが久しぶりでした。リハーサル開始時は本当に硬い表情でしたが、スタッフの皆さんのおかげで徐々に笑顔が出るようになりました。笑 何とか初回出演を終えることができました。ホッ。笑

今回JLCでは、JLCでお楽しみのファンの皆さんにボートレースアンバサダーとしてのご挨拶とボートレース福岡の特徴や現役時代の思い出などをお伝えしました。

放送でもお伝えしましたが、ボートレース福岡といえば、第1ターンマーク側のうねりが最大の特徴です。そういった意味では第1ターンマークと第2ターンマークとでは環境が違うことが言えると思います。

干満や風向きによって生じる大小のうねりですが、第1ターンマークでは、あまりハンドルが入りすぎるとターン出口付近で、ボートの右舷側に水面を受けやすく失速するケースがあります。逆にハンドルが入っていなければ、うねりは回避できるのですがターンで大きく流れる可能性が高くなります。どうしたらいいの? という感じですが、やはり経験でしょうかね。

私は現役時代この様なことを意識しながらレースしていた様に記憶しています。しかし最終的には目前の環境に臨機応変に適切に判断することですかねぇ…。

もう一方の第2ターンマークですが、ダッシュスタートの助走距離が全国のレース場の中でも短いという特徴から、レースでは、スタートしてから第1ターンマークをターンし、第2ターンマークに向かう頃、スタート時の引き波が複雑な形となって残りやすいという傾向があると思います。

この様な第1、第2ターンマークの環境によって、他場と違う楽しみ方ができるのではないかと思います。少し、長くなってしまいましたが何かの参考になれば幸いです。
ボートレース福岡 開設65周年記念競走GI福岡チャンピオンカップ

一方の場内イベントですが、今回もたくさんのファンの皆さんにお集まりいただきました。これからボートレースアンバサダーとして、様々な分野でボートレースをPRしていくことを伝えました。たくさんのご参加ありがとうございました。
ボートレース福岡 開設65周年記念競走GI福岡チャンピオンカップ

またこの日は土曜日、そして天候にも恵まれ、たくさんのファンの皆さんにご来場をいただきました。特にレースを目の前で観戦される皆さんが以前より多い様に感じました。
レース中、水面を走るレーサーに大きな声援や手を振って応援する姿もありました。
ご来場ありがとうございました!!

それでは また… 植木 通彦

| 11:57 PM |

PAGE TOP ↑

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年10月 次月>

プロフィール

植木通彦
1968年4月26日生
福岡県北九州市出身
ボートレースアンバサダー
北九州市スポーツ大使(平成20年11月〜)

主な受賞歴など
ボートレース
 SG10V
 賞金王決定戦3V
その他
 平成20年2月
 北九州市功労賞
 北九州市スポーツ大賞

最新記事

カテゴリ

アーカイブ