<<次の記事 前の記事>>

ボートレース津 GIつつじ賞王座決定戦、ボートレース若松 ルーキーシリーズ第9戦植木通彦フェニックスカップ

10月13日
この日は開設65周年記念競走GIつつじ賞王座決定戦が開催されているボートレース津、そしてルーキーシリーズ開催のボートレース若松での広報活動でした。

今回は、三重支部期待の若手レーサー春園功太選手とのトークショーでした。春園選手は先日初優勝を飾るなど徐々に頭角を現してきたレーサーであります。


トークショーでは、地元ファンの皆様から、あたたかいご声援や拍手が送られていました。特に地元ボートレース津では大いに活躍してほしいと思います。頑張ってください!!

またこの日、地元三重支部の加藤綾選手をはじめ、女子レーサーによるチャリティーオークションも行われていました。


この日もボートレース津へたくさんのご来場、
そして各種イベントにご参加いただきましてありがとうございました。


私は、ボートレース津での広報活動を終え、その後ルーキーシリーズ第9戦が開催されているボートレース若松に向かいました。

この日は、ルーキーシリーズ優勝戦ということで、優勝戦終了後の表彰式でプレデンターを務める予定でした。時間的に厳しい状況でしたが、何とかレースを観戦、そして予定通り実行することができました。良かったです。


また今回のルーキーシリーズでは9日に、長尾京志郎選手とのトークショーを行いました。9日お会いした長尾選手は、ボートレース若松のお隣、ボートレース芦屋にて初優勝を飾るなど今後期待されるレーサーの一人であります。
これからも更なる努力を忘れず頑張ってほしいと思います。


さて、今回見事ルーキーシリーズを優勝したのは、白神優選手(岡山)でした。
デビュー5年6ヶ月での初優勝だそうです。おめでとう!!

優勝戦メンバー
1.仲谷 颯仁(福岡)115期
2.白神 優(岡山)110期
3.松尾 拓(三重)114期
4.上條 暢嵩(大阪)110期
5.外崎 悟(埼玉)114期
6.海野 康志郎(山口)95期

優勝戦は、関東、東海、近畿、中四国、九州と地域を代表する形でのメンバー構成になりました。各コーナーともに、とてもスピードがありルーキーらしいレース展開でした。


今回のルーキーシリーズ参加レーサーをはじめ、比較的若手と言われるレーサーの活躍は重要で、おそらく5年後、10年後はボートレース業界を引っ張っていく存在になると思います。

また、ボートレーサー応募においても、現登録レーサーはもちろん、特にルーキー世代の活躍は、憧れ、そしてレーサーを目指すきっかけになるのではないかと思います。

写真は、ボートレース津、ボートレース若松から協力いただきました。

〜お知らせ〜
明日、開設61周年記念 GI赤城雷神杯開始5日目、ボートレース桐生にてイベント活動です。お待ちしています!!

それでは また…     植木 通彦

| 12:08 PM |

PAGE TOP ↑

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<前月 2017年11月 次月>

プロフィール

植木通彦
1968年4月26日生
福岡県北九州市出身
(財)日本モーターボート競走会理事
北九州市スポーツ大使(平成20年11月〜)

主な受賞歴など
ボートレース
 SG10V
 賞金王決定戦3V
その他
 平成20年2月
 北九州市功労賞
 北九州市スポーツ大賞

最新記事

カテゴリ

アーカイブ