<<次の記事 前の記事>>

第118期卒業記念競走、第118期・第79期審判員・第80期検査員卒業式

3月18日
この日、養成機関である競走会やまと学校では、第118期卒業記念競走、そして第118期、第79期審判員・第80期検査員の卒業式が行われました。


当日は雨模様となりましたが、約300名の関係者、保護者・ご家族の方々に来校いただきました。記念競走は雨を吹き飛ばすような溌剌とした若さあふれるレース内容で、レース観戦された皆様からもたくさんの拍手や声援をいただきました。

また、気持ちが昂るレース参加者を、共に卒業する実務者(審判員・検査員)が上手くコントロールし、事故の無い素晴らしいレース運営となりました。

その後の式典では、私は一年間業界人として研修を修了した卒業生ひとりひとりに卒業証書を手渡しました。その巣立っていく姿を誰よりも一番近くで見ることができました。

私は直接の指導科目や担当を持っていませんが、思い出の中の1つに成績が伸び悩んでいる訓練生を対象とした特別課業があります。

単独ではいいのですが、複数併走航走ではターンマークを大回りしてしまう訓練生や中々上手くいかず悔しさから涙を流す訓練生も数多く見てきました。

一年間の訓練を通して、その悔しさが今の成長へと導いた原動力と思います。またその悔しさや苦しさを乗り越えたからこそ、今日の喜びをより一層深く感じたと思います。その意味からも壇上では達成感も加わり証書受け取る目は輝いていました。

現在、どのスポーツ界もニューヒーローを期待しています。我が業界も同様であります。しかし、ボートレース業界は他のスポーツと比べレース経験が活かされるスポーツといわれています。

また、近代レースを繰り広げている既存レーサーの実力は年々向上してきています。
いくら私たちが指導強化したとしても、現状では養成基礎能力向上までであります。今後はこの基礎を最大限活かしながら自身の取り組み方が重要となってくるわけです

新人レーサーは高度化したレースの中で、早く1勝したいという強い気持ちが、スタート事故や航法事故に繋がる傾向にあります。これら事故による長期レース離脱は新人レーサーにとって成長を遅らせる要因の1つでもあります。

まずは、経験豊富な先輩レーサーと卒業後最低でも1年間欠場期間なく、1走でも多く出走し、勝てないレースを経験し、その中でなぜ先着できないのかを自身で考え、練習等に取り組み、プロとしての自覚を身に付けてもらいたいと思います。

1秒間に約20m進むと言われているボートです。レース中ゆっくり考える時間はありません。瞬時で目や耳で感じ判断しなくてはなりません。新人時代にレース感覚を身につける事は中長期からみて大切な時期と思うからです。

卒業生全員に期待しています!

また、先日、やまと学校に唐津市ボートレース事業部の皆様がご来校されました。ボートレースからつは、やまと学校の現地訓練にもご理解いただき、レース場で訓練をさせていただいた事もあります。



また、来校された際に3月26日から31日まで開催されるGIIからつモーターボート大賞パンフレットをいただきました。「濡れ男」というタイトルで峰竜太選手、山田康二選手が表紙を飾っていました。是非ご来場してください!

それでは また…     植木 通彦

| 07:42 AM |

PAGE TOP ↑

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<前月 2017年12月 次月>

プロフィール

植木通彦
1968年4月26日生
福岡県北九州市出身
(財)日本モーターボート競走会理事
北九州市スポーツ大使(平成20年11月〜)

主な受賞歴など
ボートレース
 SG10V
 賞金王決定戦3V
その他
 平成20年2月
 北九州市功労賞
 北九州市スポーツ大賞

最新記事

カテゴリ

アーカイブ