日刊スポーツ新聞社 第32回ボートレース年間三賞

2月22日
この日、日刊スポーツ新聞社制定第32回ボートレース年間三賞の授賞式が都内ホテルにて行われ私も出席しました。

受賞レーサーです。
殊勲賞受賞 峰 竜太選手(佐賀県出身・佐賀支部95期)
敢闘賞受賞 吉川昭男選手(滋賀県出身・滋賀支部70期)   
技能賞受賞 桐生順平選手(福島県出身・埼玉支部100期)
特別賞受賞 遠藤エミ選手(滋賀県出身・滋賀支部102期)


現在、ボートレーサー個々の技術が向上している中での各受賞は、本人の努力はもちろんですが結果を出せる環境がつくりだせているからではないかと思います。これからも各種事故には気を付けて、頑張ってほしいと思います。
おめでとうございます!!

それでは また…     植木 通彦

| 01:46 PM |

ボートレース児島 GI中国地区選手権競走

2月21日
この日、GI中国地区選手権競走が開催されているボートレース児島での広報活動でした。

この全国6地区で開催されるGI地区選手権競走ですが、2月8日の関東地区選手権競走(ボートレース江戸川開催)から始まり、今回の中国地区選手権競走(ボートレース児島開催)2月21日で今年度地区選手権ラスト開催となります。

各地区選手権競走優勝レーサーです。
関東地区(ボートレース江戸川開催) 金子拓矢選手(栃木県出身・群馬支部・95期)
四国地区(ボートレース丸亀開催)  林 美憲選手(徳島県出身・徳島支部・75期)
東海地区(ボートレース常滑開催)  徳増秀樹選手(静岡県出身・静岡支部・75期)
近畿地区(ボートレースびわこ開催) 野添貴裕選手(大阪府出身・大阪支部・69期)
九州地区(ボートレース若松開催)  仲谷颯仁選手(福岡県出身・福岡支部・115期)
中国地区(ボートレース児島開催)  前本泰和選手(広島県出身・広島支部・70期)

優勝された6名は、3月16日からボートレース浜名湖で開催されるSGボートレースクラシックに出場されます。地区の代表者としても頑張ってほしいと思います。
おめでとうございました!!

また今年度地区選手権競走で結果が出なかったレーサーも来年度の地区選手権競走に出場した際には、ぜひ頑張ってほしいと思います。
GI地区選手権競走へたくさんのご声援ありがとうございました。

さて、今回のボートレース児島での中国地区選手権競走イベントですが、トーク、ボートレーサー募集活動、そして第12レース終了後の表彰式プレゼンターという内容でした。


トークイベントや写真撮影、サイン会にもたくさんご参加をいただきました。いつもありがとうございます。また募集活動においては、今回初めてレース場内にボートレーサー募集ブースを設置しました。まだファンの皆様には馴染みがありませんでしたが、徐々にブースに立ち寄っていただけるようになりました。この様な活動もこれから継続して行いたいと思っています。


表彰式では、優勝した前本選手に花束を贈呈しました。
写真は、前本選手の右手を上げようとした瞬間です。笑。おめでとう!!

それでは また…     植木 通彦

| 01:45 PM |

PAGE TOP ↑

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<前月 2018年09月 次月>

プロフィール

植木通彦
1968年4月26日生
福岡県北九州市出身
ボートレースアンバサダー
北九州市スポーツ大使(平成20年11月〜)

主な受賞歴など
ボートレース
 SG10V
 賞金王決定戦3V
その他
 平成20年2月
 北九州市功労賞
 北九州市スポーツ大賞

最新記事

カテゴリ

アーカイブ