<<次の記事 前の記事>>

キッズエキスポ北九州2017

12月23日
この日、福岡県北九州市内にて、職業体験型イベント「キッズエキスポ北九州2017」が開催されました。
そのイベントの中での広報活動という新たな活動を行いました。


イベントでは、各職業別に各ブースが設けられ、ご来場いただいた子供たち、そして保護者の皆様に説明、そして一部体験していただいて少しでも興味を持っていただこうというものであります。

ブースには、ボートレーサー、競輪選手以外に、消防署員、警察官、ユーチューバー、プロレス、野球、サッカー、水泳、ラグビー等々がありました。

ボートレースからも実際にボートを展示し、子供用のユニフォームを着用してのボート乗艇記念撮影や、VRなどを用意していました。当日はたくさんの子供たちや保護者の皆様にブースに立ち寄っていただきました。将来のスーパースターもたくさんいました。(笑)


その様な中、「特別講義」ということ、現在、北九州市のスポーツ大使を務めさせていただいている競輪の吉岡稔真さんといっしょに、ご参加いただいた皆様にプロとしての競技人生で感じた事や、ボートレース、競輪が北九州市に大きく役立っていることなどについてお伝えしました。


それでは また…     植木 通彦

| 02:09 PM |

ボートレース住之江 SG第32回グランプリ&グランプリシリーズ

12月21日
この日、SG第32回グランプリ&グランプリシリーズが開催されているボートレース住之江での広報活動でした。


今回は、場内トークイベントと地上波中継での解説という内容でした。場内イベントでは、中道善博さんと第10回賞金王決定戦競走を中心にファンの皆様にお伝えしました。
今回もたくさんのファンの皆様にお集まりいただきまして、ありがとうございました。


一方、地上波中継は、ゲストに元メジャーリーガー岩村明憲さんをお迎えして、トライアルセカンドレース第12レースの内容をお送りしました。
写真は、この日イベント出演のガールズケイリン白井美早子選手とボートレーサー高橋淳美選手、地上波中継出演者のみなさんです。



それでは また…     植木 通彦

| 04:17 PM |

GIクイーンズクライマックス&GIIIシリーズ戦座談会

12月15日
この日、大村市役所にて、12月26日から31日までボートレース大村で開催されるGIクイーンズクライマックス&GIIIシリーズ戦について開催前に座談会が行われました。

この座談会には、地元大村の園田裕史市長、クイーンズクライマックス参加レーサーを代表して小野生奈選手(福岡県出身)、大村市モーターボート競走事業管理者小川完二様、そして競走会の私と4名で行われました。


大村市長からはクイーンズクライマックスの開催の意義や意気込み、そして各参加者からは様々な角度からボートレースの楽しみ方などについて話されました。


ボートレース大村では、平成30年9月からナイターレースを予定しております。
準備も進んでいるようです。ファンの皆様、もう少しお待ちください。

それでは また…     植木 通彦

| 04:16 PM |

ボートレース鳴門 GI大渦大賞開設64周年記念競走

12月9日
この日、GI大渦大賞開設64周年記念競走の初日を迎える徳島県にあるボートレース鳴門での広報活動でした。


また当日は開催初日に行われるレーサーの紹介式もあり、本場には多数のご来場をいただきました。私もファンの皆様といっしょに見ていました。ご来場ありがとうございました。

今回は、瓜生正義選手とのトークイベントでした。その瓜生選手ですが今年は今一つリズムが上がらず、今回はグランプリシリーズ戦でのレース参加となります。


トークでは場内のファンの皆様にレース参加意気込み等を伝えると、レースでの活躍を期待した大きなご声援や拍手が瓜生選手へ送られていました。

瓜生選手には、ボートレース鳴門でのファンの皆様の思いに応えると同時に、2018年に向けて良いレース内容で締めくくってほしいと思います。当日少しの時間でしたが、瓜生選手と楽しい時間を過ごすことができました。


今回のトークイベントにも、たくさんの皆様にご参加をいただきました。またファンの方からアツアツのたい焼き?(ボートレース鳴門イメージキャラクター)をいただきました。
とてもおいしいですよ!! 皆様は食べられましたか?


それでは また…     植木 通彦


| 02:17 PM |

ボートレース芦屋 開設65周年記念GI全日本王座決定戦競走

12月8日、開設65周年記念GI全日本王座決定戦競走開催3日目を迎えるボートレース芦屋で広報活動に行ってきました。


終日寒さが厳しい中でのレース開催でしたが、たくさんのファンの皆様にご来場いただきました。
また、2回のトークイベントへたくさんの皆さまにご参加をいただき、ありがとうございました。

SGチャレンジカップを終え、グランプリ・クイーンズクライマックスなどへの出場権獲得の目的が終了したこの時期は、私の経験上ですが年末に向け、出走しながらも高いモチベーションの継続や持続など難しいレースとなります。

当然、好成績を上げてそれぞれのレースに参加したいとレースに取り組んでいると思いますが、私の場合は、この時期は年末に向けて貴重なレースと位置付けて出走していました。案外プロペラ調整方法など新たな発見などがこの時期にありました。

また、グランプリ・クイーンズクライマックス参加レーサーは、来年開催されるSGボートレースクラシックへの出場権獲得、そして現地でのファンの皆様の期待に応える意味で、気合の入ったレースとなるでしょう。当日は、少し追い風が強かったのですが、迫力あるレースが繰り広げられていました。

それから、ボートレース芦屋では節間通してイベントが盛りだくさんでして、この日は今井美亜選手(富山県出身)もトークイベントを行っていました。


写真は、控室で撮影したものです。今年はスタート事故などでリズムを崩していたようです。少しの時間でしたが控室でレースの話をしました。少しでも役に立てれば嬉しく思います。

それでは また…     植木 通彦

| 02:57 PM |

PAGE TOP ↑

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>

プロフィール

植木通彦
1968年4月26日生
福岡県北九州市出身
(財)日本モーターボート競走会理事
北九州市スポーツ大使(平成20年11月〜)

主な受賞歴など
ボートレース
 SG10V
 賞金王決定戦3V
その他
 平成20年2月
 北九州市功労賞
 北九州市スポーツ大賞

最新記事

カテゴリ

アーカイブ