《河童の部屋》~三浦永理選手インタビュー~

ルールル、ルルル、ルールル♪


かぱかぱ☆



みなさんいよいよ
若松ナイトクイーンカップのスタートです!





女子レーサーたちのバトル、


楽しんでますか?♪




もうね、


ステキなナデシコが多すぎて困るのだ(●´ω`●)

ただ、そんな多くの女子選手の中で、


ボクが今節特に注目してるのは

三浦永理選手です!





静岡支部の若手女子NO.1の呼び声高い三浦選手!

そのハンドルさばきとスピードは、
女子の中ではグーンと抜け出てる印象なのだ


しかもクールでかっこいいイメージ!

でも、



三浦選手の内面ってみなさん知ってます?


ボク、全然知らないのだ←





そんなわけで、

今回は、河童の部屋に三浦選手を連れてきて、

いろいろと話を聞いちゃいましたー♪

三浦選手にちょっと詳しくなったゼ!

三浦選手のサイン入りぬいぐるみの受付は
終了しました!
ご応募ありがとうございました♪

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


miura_e



――三浦選手、河童の部屋初登場! ようこそぉ♪
三浦 かっぱくん、大きいなぁ。ちゃんとイスにも座れるんだ!(笑)。

――うん、ボクもイスくらい座れるのだ(笑)。三浦選手は女子レーサーだし小柄だね。今回は、三浦選手の内面にも迫っていこーと思うのでよろしくおねがいします。
三浦 おねがいします。

――じゃあ、まず、好きな食べ物は何ですか?(笑)
三浦 食べ物? うーん…、お好み焼きです。あと、もんじゃが結構好きです。

――もんじゃ美味しいよね、もんじゃ。逆に嫌いな食べ物はある?
三浦 それは、めっちゃあるんすよ。私、野菜全般がダメで。意外ですかね? もう、ほんとにピーマンとかセロリとか、濃い野菜大嫌いです(苦笑)。

――お好み焼きとかも、野菜が結構入ってるよ。
三浦 ああいうのは、不思議と食べれるんですよ。野菜単品で食べるのはムリですけど、お好み焼きや、カレーのニンジンなら大丈夫です(笑)。

――野菜食べれそうなイメージだったのになあ(笑)。あと、その強さを維持するためにトレーニングも欠かしてなさそうな印象。

三浦 いや、トレーニングとかもあんまりしませんね。プロペラをよく叩くので、その時に腕の筋力が鍛えられる程度です。

――学生の時、何かスポーツ経験はある?
三浦 学生時代はソフトボールをやってました。一筋でしたね。

――そんな三浦選手が、ソフトボールの道からボートレーサーになろうと思ったワケは?
三浦 きっかけは母親の勧めでした。単純に、『(お金が)稼げるからやってみたら?』って言われて(笑)。それで、ボートレースを浜名湖ボート場に見に行きました。初めてみたボートは、素直にかっこいいって思いましたね。モーター音とかも凄くて、それをよく覚えてます。今思うと、私が浜名湖の観客席からレースを見たのはその1回だけ。最初で最後でしたね。


miura_b



服部選手のグループに入り、SGも経験

――生まれて初めてボートに乗った時、どうだった?
三浦 ほんとに難しかったです。やまと学校時代は、実技が難しかったですね。学科は覚えればどうにもなったんですけど、操縦が大変で苦労しました。

――そうだったんだ。それでも無事に学校卒業して、三浦選手は服部選手のグループに入ったんだよね。
三浦 はい、師匠は服部幸男さんです。入ったきっかけは、まだデビューしたばかりの頃、同県同期の長嶋万記ちゃん達が服部さんにお願いしに行くって言ってたので、私もそれに便乗した感じです。『じゃあ、私も一緒に行っていい?』みたいな(笑)。でも、プロペラグループはここに入れて本当に良かったと今も思います。多分、このペラグループじゃなかったら、(やまとで苦戦していた自分が)A1級になることもなかったんじゃないですかね。雰囲気がすごく良いです。それに、同じペラ小屋の人は、プロペラ作りも練習もみんな一生懸命やるんですよ。1節間にだいたい1枚はペラも作りますしね。そういう姿勢を真似するようになって、自分自身も成績が上がって良かったです。

――去年はSG賞金王シリーズ戦に出れる成績を残すような活躍! 今改めて振り返って、あのシリーズ(SG初出場)は緊張したでしょ?
三浦 緊張はしましたね。だけど、私は毎回どのレースでも結構緊張するんですよ。女子戦でも一般戦でも何でも(笑)。だから、そんなに賞金王シリーズだからといって大きな緊張はなかったかな。でも、反省点はあります。レース中、焦るところがあるんでもっと落ち着かないと。

――そうかあ。あ、最終日には水神祭を挙げてる!
三浦 はい、あの節で水神祭を挙げれて良かったです。嬉しかったですね。1回水面に落とされて、上に上がろうとしたら、鎌田(義)さんとかに2回目落とされて。全然陸に上がれませんでしたし、めっちゃ寒かったです(一同笑)。シリーズ戦が終わった後は、打ち上げで3軒くらい飲みにいきましたね。SG初1着のお祝いに、服部さんとかいろんな人から服も貰いました。すっっごい毛皮の服でした(笑)。

miura_h



――賞金王シリーズに続いて、今年はSG全日本選手権に出場したね。
三浦 この前のダービーのほうが、(賞金王シリーズより)リラックスはできてたかなとは思います。人見知りだから、そういう場は苦手なんですけど(苦笑)。でも、ダービー直前に多摩川の周年記念も走らせてもらって、雰囲気には少し慣れたかな。今まで、私は東海地区戦は走ってますけど、地区戦だと大体知ってる人ばかりじゃないですか。でも、こういう周年記念やSGで今まで全く一緒になることがなかった人達と走れたことは良かったと思います。ただ、ダービーの初日は転覆して、ペラもギアケース壊れましたし、荒井輝年さんのボートもこ壊しちゃったし(笑)。初日からずっと『すいません……』って感じでした(苦笑)。

――それでも、ダービーの時はゼロ台スタートで1着も取っていたのだ。
三浦 スタートは、周りが早いから自分も早くなりますよね。

――三浦選手の平均スタート、コンマ16は自分でどう思う?
三浦 私はあまりスタート早くないですよ。この数字は、記念のメンバーの中に入るとちょっと遅いタイミングですし。記念の人達は、ほんとに『どうした?!!』っていうくらいスタート早いんですよ(苦笑)。静岡支部だと、菊地さん、佐々木さん、重野さんとか早くて、平均でコンマ12、13を出すんですよ? 女子戦ではまずそんな選手いないですもんね。女子の中に入れば16だと早いほうですから。


――女子といえば、ダービーでは先輩の山川美由紀選手達も一緒に戦っていたのだ。
三浦 そうですね、めっちゃ面倒を見てくれました、ほんとに。山川さんはピストン選びとかアドバイスをくれて、心強かったですし、横西(奏恵)さんや田口(節子)さんもプロペラを見てくれました。私はこれまで、エンジン整備はほとんどやらなかったんですよ。ほんとに全然。どれだけやってなかったかというと、ダービーの時に山川さんから『あんたぁ、よくこんなところ(SG)まで来れたね!』って言われちゃうくらい(一同笑)。だから、これからはエンジンも覚えていかないといけないなと思います。やっぱり、女子選手でも上のレースにいく人はエンジン整備も上手いですからね。

yamakawa_a



――今後、もっとSG、GIレースは走りたい?

三浦 そうですね。そのためにも女子戦ばっかり走ってたらダメですよね。だって、ずっーと女子戦ばっかり走ってて、たまに周年記念に呼ばれても勝てるわけないじゃないですかね(苦笑)。レベルが違います。でも、その女子戦の多さで勝率を上げれてダービーに行けたんですけどね(笑)。勝率7点を残せてる理由も、女子戦の多さが大きいと思います。


miura_d



女子王座より、目の前の一走

――今年3月の女子王座は、準優1号艇だったけど惜しかったね。
三浦 はい、田口さんにマクられましたね。舟足は田口さんのほうが全然良かったです。あれはスタートも失敗ですね。もっと気合いで全速スタートいかんといかんかったなぁ。

――三浦選手に勝ったその田口選手が、そのまま優勝したのだ。
三浦 そうなんですよ。私は負けたから、田口さんに『優勝してくれ』ってお願いしておきました。せめて田口さんが優勝してくれたら、準優で負けた私も『ぁあ、あの人に負けたならいいや』って思えるから(笑)。

――女子選手にとって、やっぱり“女子王座決定戦”って意識する?
三浦 いや、強く意識はしてないですね。それよりも、目の前の1走1走です。この前優勝した下関(女子戦)でも、もし優勝戦でフライングを切ったら、来年3月の女子王座(多摩川)にいけないことはレース前から分かってたんですけど、『別にいいや!』って思ってましたから(一同笑)。女子王座出場を考えてスタートを控えたり躊躇して負けたら申し訳ないですし、目の前の1走を優勝したいって気持ちのほうが強いですね。だからスタートもいきました(←コンマ06でイン逃げ圧勝!)。それにしても、今は女子王座出場の規定が厳しいですよね。この前も寺田(千恵)さんが女子戦の優勝戦フライングを切ってしまって多摩川にいけなくなっちゃったじゃないですか……。そんな、何か月も前から女子王座のことを考えながら自粛して走れないですよね。メインが何人もフライング切ったらどんどんさびしい大会になりますよ? ちょっと規定を変えませんか?って伝えておいてください(一同笑)。


――うん(笑)。ボクもそれは考えたほうがいいと思うのだ。三浦選手は今のところ、次の女子王座には余裕で出場予定だけど、多摩川水面の印象はどう?
三浦 昔は、結構好きだったんですよ。一応、デビュー初1着の水神祭も多摩川だったんですよね。その後も、何回かレースに行ったけど乗りやすくて、『やっぱり多摩川好きだなぁ』っと思ってたんですよ。でも最近、乗りにくくてしょうがないです。今年多摩川に行った時も、全然乗り心地がこなくて、あそこは難しい水面ですね。

――どこの場でも乗り心地を重視する?
三浦 はい。乗り心地を求めていくと、だんだん出足も強くなってきますからね。

――全国で得意水面はある?
三浦 児島は相性が良いですね。すごい乗りづらいイメージがあって好きではないんですけど、不思議と成績は良いです。あ、あと下関は好きですね。あそこは乗りやすいし相性も良いなぁ。

――広い水面が好き?
三浦 そうそう、基本は広い水面が好きです。戸田(※超せまい)とか苦手ですもん!(笑)。1周1コーナーで、戸田はハンドルが切れないんですよね。

――若松も狭いヨ…。
三浦 そうですか?! 全然、若松は気にならないですよ。ナイター水面も嫌いじゃないですから。

miura_c



――毎レース、何か気をつけてることはある?
三浦 1着を取る。それを心がけて走ってます。

――三浦選手は1着数が2着の倍くらいあるよね!
三浦 1着がやっぱり1番良くないですか?(笑)。でも、その(ピンロク型の)走りのせいで6着になることもありますね。

――たとえば、準優勝戦で2着取りにいくことはしない?
三浦 あ、それもよく言われるんですよ。『2着でいいんだよ』って。でもやっぱり1着を取りにいきたいですね。

――自分のレーススタイルは?
三浦 うーん。基本は伸び型にしないから、差しちゃうことの多いですね。でも2コースが苦手です(苦笑)。

miura_g



――三浦選手は、たけし軍団で有名な91期。同期のレースは意識する?
三浦 いやー、むこう(同期)がすごく意識してくるんですよ。『お前には絶対負けない!』とか言われて(笑)。飲み会でもよくそんなこと言われるんです。なんか、私には負けたくないらしいですね(一同笑)。

――そうだったんだ(笑)。同期の長嶋万記選手とは仲も良い?
三浦 はい、もう10年以上の付き合いですから話は合ますね。若松の宿舎で2人部屋になった時は、今度デビューした18歳の新人の子の歓迎会をどこのお店でしようかぁとか話してました。

――どっちがよく話して、どっちが聞き役?
三浦 むこうがよく話しますね。私は聞いてることのほうが多いかな。『はぁ、へぇ』って言って聞いてる(一同笑)。

――他にも仲の良い女子選手はいる?
三浦 佐々木(裕美)さんや、なるちゃん(鈴木成美)、ゆりちゃん(今井裕梨)とか、近い期の人と仲が良いですね。なるちゃんの家族とも仲良くしてもらっていて、鈴木家がオーストラリアとかハワイ旅行に行った時も、鈴木家の家族旅行に私一人くっついていったり(笑)。


――そうだったんだ(笑)。三浦選手の趣味はある?

三浦 最近趣味がないんですよね。プロペラが趣味になりそうな勢いです(笑)。ゴルフでも始めようかな。あ、お酒を探したり飲むことは好きですね。自分のヘルメットに“ビール”のロゴマークを入れるくらいですからね。(※北海道のNORTHISLANDBEERというビール会社のかっこ良いロゴなのだ!)。


――若松のナイトクイーンカップ、その後も忙しいレーススケジュールが続くけど、応援してくれるファンのみなさんにはどんなところを見て欲しい?
三浦 常に1着を取る姿勢です。この、あきらめない感じ、かな?(笑)


――目標は何かある?
三浦 今年も賞金王シリーズに出たいですね。まだ80位くらいなんですけど。それでも、毎節頑張っていきたいと思います。

取材日 2011年10月18日

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


miura_a



三浦永理(Eri Miura)

・1983年2月2日生まれ
・静岡県在住
・身長157cm
・血液型はB型
・第91期生

2002年11月23日 浜名湖ボート場でデビュー
2003年3月 多摩川ボート場で初1着
2007年11月 宮島ボート場で初優勝
2010年12月 SG賞金王シリーズ戦でSGデビュー

乗っている車…ステップワゴン(車に興味はあまりない)


今欲しいもの…時計


静岡のオススメスポット…富士山以外だと伊豆。温泉、海水浴とか良いですよ。


宿舎の過ごし方…マンガ読む、DVD見る、話す。


最近、読んだマンガ…平和島の宿舎でマージャンのマンガ勧められて読んだんですけど、ルール分からなかったです(笑)。


とにかく主張したいこと…もっと、混合戦も走りたい!


~出場予定~
2011年11月16日~2011年11月21日(若松オール女子)
2011年11月25日~2011年11月30日(常滑オール女子)
2011年12月9日~2011年12月14日(蒲郡GI東海地区選手権)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

— posted by かっぱくん at 04:11 pm  

prev
2011.11
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 
Atom1.0 feeds Atom1.0 RSS2.0 feeds RSS2.0
T: Y: ALL: Online: