《河童の部屋》~江崎一雄選手インタビュー~

ルールル♪ルルル♪ルルル♪

いやー、

すんごい新人選手が若松水面からデビューしました!!!

その名は江崎一雄選手!


ezaki7




リーグ戦勝率は8.64!(すごご!!)

将来は“王者”になるかな!?

将来の
えざきんぐ!!←


デビュー節の若松では、
期待通りに

2走目で1着を取り、

場内を

どどどどどどどどォー!


って湧かせてくれました!




そんな江崎選手を
早速河童の部屋に連れて来て、


話を聞いちゃいました♪♪



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ezaki5




岡崎恭裕のターンに憧れて

――江崎選手初めまして。やまと学校卒業、おめでとうございます♪

江崎 ありがとうございます。今日はよろしくお願いします!

――やまとの訓練生活が終わって、家に帰ってきた時は開放された感じだった?

江崎 そうですね、家で時間を気にせずゴロゴロしました(笑)。

――江崎選手がボートレーサーになろうとしたワケは?♪
江崎 ボクは高校卒業するまで野球一本の生活だったので、ボートレースを知らなかったんですけど、高校を出た頃に友人に誘われて初めて福岡ボートレース場に行きました。そこで見た岡崎恭裕選手のターンが凄くかっこよくて。とにかく外、外を全速で旋回していくターンだったんです。それを見て、一発で自分もボートレーサーになろうと決めました。

――そうだったんだ! あ、でもそれなら、もう少し早く入学してたんじゃ。
江崎 はい、今から3年前の20歳の頃に、1度やまとを受けようとしていました。けど、ちょうど願書を用意して「よし! 試験受けるぞ」っていう時に、バイク事故に遭ってしまって……(苦笑)。それで、一旦はレーサーをあきらめて建築関係の夜間の専門学校に行き始めたんです。けど、やまと学校の年齢規定が上がったことを知って、もう一度試験を受けました。

――年齢制限が変わって、復活合格って感じだね♪やまと学校で、初めてボートに乗った時はどんな感じだった?

江崎 すごいスピード感があって、「なんだ、この乗り物は!」って思いました。例えるなら、ジェットコースターに乗るような感じですかね(笑)。訓練が進んでいくと、だんだんと体がボートに慣れていくのも感じました。スタート練習も、本数を重ねると掴んできました。(在学中の平均S.Tは、0.17)

――ジェットコースター感覚(笑)。なんだか楽しそうだけど、運動能力の高い江崎選手だから、そんなふうにも思えるのかも♪
江崎 それでも、毎日の訓練生活はキツかったです(苦笑)。朝起きて、すぐ動き出さないといけないし、乗艇訓練、そして学科もあって、特に学科が苦手なので大変でした。途中で「ちゃんと卒業できるんかな?」って心配になることもありました(苦笑)。

――江崎選手は同期の中ですべてトップ成績かと思ってたのだ!

江崎 いえ、同期の中だと篠田()さんや木下()は僕より上手い感じがします。特に、木下は凄かったですよ。同期でいち早くモンキーターンをやり始めて、「なんだ、コイツは!!?」って驚かされました(笑)。その頃、完全に先に進まれてましたね。それで、「木下をどげんかして負かせんといかんな」って思い始めて、毎日必死で練習してました。

ezaki1



他人事のように聞こえる

――リーグ戦では10戦7優勝っていうスゴイ記録を達成!
江崎 いや、それはほんと偶然です(申し訳なさそうに)。

――いやいや。報道陣も、“瓜生正義を越えた選手”とか“A1級の吉田拡郎にすでに勝った”って紹介してるよ。
江崎 それなんですけど、とても自分のことだと思えません。なんだか他人事のように聞こえています。別の人が褒められてるような感じなんです。吉田さんも、僕に勝たせてくれたんだと思います。

――じゃあ、周りから騒がれながらデビューすることへの緊張感はどう?
江崎 それはあまり感じてません。水神祭を早く挙げたいっていう気持ちもないですし、特に意識してないです。ただ、ここ若松水面の風が変わったりした時は、スタートが難しいです。とにかく、まずは事故を起こさないように注意してます。

ezaki6



――お世話になる先輩や、ペラグループは決まった?
江崎 藤丸光一さんのグループ中心に福岡市西区の先輩方からお世話になっています。今年の若松GW開催の時には、ピットで地元の先輩達のレースを見させてもらったんですけど、早く追いつきたいと思いました。

――憧れの先輩レーサーはいる?
江崎 先輩方はすべて憧れなんですけど、その中でも植木(通彦)さんや瓜生さんみたいな福岡を代表するようなレーサーになりたいです。

――植木さんといえば、やまと学校の執行役員だよね。
江崎 はい! 訓練中、植木さんのおっしゃられる言葉は、いつも一つ一つが“深い”と感じました。植木さんは多くのことをご存知ですから、たとえば、僕ら訓練生に1つのことを言われた時に、そのほかにも何か言いたいことや、勘づいてほしいことがあるんじゃないかって、よく考えるようにしていました。

ezaki3




お客さんの思いに応えたい


――江崎選手が常に心がけてることってある?
江崎 はい、お客さんが見られてる前で気の抜けたような走りだけはしたくないです。僕も一般人の頃に、そういう走りを観客席から見るとがっかりだったので。


――エンジン整備や、プロペラ調整は好き?
江崎 そうですね、自分でいろいろと作業することは好きなんですけど、デビューしたばかりの今は、(他にも覚えることが多くて)ちょっとそれどころじゃない感じです(笑)。

ezaki2


――好きな戦法は?
江崎 一番好きな勝ち方はマクリです。まだ、引いて巧く差すようなことはできないので。2段マクリでもいきます。マクリで勝つと気持ちいいです。同期相手にマクリが決まった時は、ヘルメットの中で叫んで喜んでました(笑)。それくらい、マクリで勝つことは好きです。

――これから、どんなレーサーになりたい?
江崎 観てるお客さんから、「このへたくそが!」って言われないようなレーサーになりたいです。お客さんが僕に「いけー!」って叫んでくれてたら、その思いに応えられる走りを見せたいです。当面の目標は、A級に上がることです。今期で達成できるように必死にやります。そして、1日でも早く記念レースにいけるように頑張っていきます。

ezaki4



ezaki10


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





ezaki15


○江崎一雄(Kazuo Ezaki)
・1987年7月23日生まれ
・福岡県在住
・身長168cm
・血液型はO型
・第108期生


2011年5月9日 若松ボート場でデビュー(2着)
2011年5月10日 若松ボート場で初1着
2011年5月13日 若松ボート場で初優出の快挙



好きな食べ物…桃

趣味…バイクや釣り。(バイクで阿蘇山まで行くのがオススメ)

スポーツ…野球。(ポジションはピッチャー)

好きな女性芸能人…中島美嘉。曲もよく聞く


よく出没するエリア…福岡市の天神など

取材日 2011年5月6日







☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


編集後記

持ち前の負けん気の強さ。デビュー戦でも物怖じしない強心臓。そしてマクリを好むという、剛の姿。
一方、強攻策だけではなく、展開に応じた柔軟な判断ができる柔の姿。
この選手には、
まだ小さめですが
“剛と柔”の力がすでに共存している、そんなふうに感じました。

福岡の若手には、柔の岡崎恭裕に、剛の篠崎元志がいますし、
お手本になる先輩選手がたくさんいます。
江崎選手はどんどん技を吸収していって。もっともっと強くなっていきそうです。
福岡に現れたこの大物ルーキーに注目してみてください。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

— posted by かっぱくん at 03:32 pm  

prev
2011.5
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
Atom1.0 feeds Atom1.0 RSS2.0 feeds RSS2.0
T: Y: ALL: Online: