《河童の部屋》~峰 竜太選手インタビュー~

ルールル♪ルルル♪ルールル♪


池田浩二選手の優勝で締めくくられた去年のSG賞金王決定戦。



池田選手は強かった!



巧かった!


ただ、

その賞金王に初めて出場した峰竜太選手も、一生懸命に先輩選手達に喰らいついていこうと


気合の伝わる走りを見せてくれました!


得点は7位(次点)で惜しくも


初出場、初優出はならなかったけども、


今年、いつSGレースを獲ってもおかしくないのが



この峰選手です♪


mine_b





そういうわけで、



河童の部屋、
トぅー、サゥザンド、トゥエルブ!!
(カッコつけてみた)






記念すべき2012年第1回目のお客様は




峰選手を迎えて


あんな話やこんな話を聞いちゃいます!





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



賞金王の舞台、1度では終われない!


――賞金王決定戦お疲れさまでした! 初めての大舞台は疲れた?
 疲れはそんなに感じてないですね。充実して楽しめた感じです。でも、やっぱりエンジン抽選から緊張はしてましたね。

――賞金王って公開エンジン抽選だよね。
 雰囲気がもうスゴかったですよ。ああいうところに出ると、賞金王に出てるな!って感じがしました。すごいお客さん達の数で、脚光を浴びとる感じで。

――前検日は、どんなことを考えた?
 うーん、エンジン(勝率)はいいものを引いたんですけど、その日の試運転であんまり感触が良くなかったので、どう調整していこうか、そればかりを考えてました。

――でも、初戦は2着発進!
 いやー、もうガッツポーズしましたよ。初日、朝からエンジンが出てなくて、ドタバタしてて。めっちゃうわついてたんです。これは失敗するパターンだなと思ったり、不安もありました。でも『やるしかない。足掻かないと』って奮い立たせて、初戦までプロペラ調整をやってたんです。でもそしたら、そんな時にスタート練習の時に落水してしまって。

――そうそう、あれは心配だった…!
 でも、あれが逆に良かったです。周りの人から、地に足が着いたな、とか言われましたし。ほんとに。

――そうかぁ、だから1マークの差しが落ち着いてるふうに見えたよ!
 あれはめっちゃ冷静でしたね。あんなとこ、なかなか差せんすよね。冷静にハンドル切って、自分でもめっちゃ上手かったと思います。多分、落水の効果で冷静に走れたんでしょうね。結果、1着を取ったのは1号艇の浩二さんだから僕は目立ってなかったですけど、あれ(初戦)は自分の中でいいレースでした。

――賞金王、1日1日は早かった?
 いやー、早かったですよ。1日の後半の時間帯に1走しかしないのに、朝からプロペラ調整してたら『ああ、やばい。もうレースの時間がきた』みたいな感じで。瓜生さんが僕を見て、深呼吸深呼吸って言ってくれよったんですけど、あまり変わらなかったですね(苦笑)。もう(気分が)高まっとるんで。それに、僕に深呼吸深呼吸って言ってくれた瓜生さん自身も緊張してるんですよ。いつも瓜生さんのそんな顔は見れないんですけど、かなり気合も入ってたんだと思います。これは、やっぱり賞金王は違うなって思いました。それくらい、あそこは特別な雰囲気です。

――賞金王の雰囲気って飲み込まれるよね。
 もう前夜祭もレースも飲まれてました。(周りからは)飲み込まれんように気をつけるようにとも言われたんですけど、僕はもう初めての賞金王なので飲み込まれるくらい緊張していこうと思ってましたね。賞金王じゃないとできない緊張感もあると思うんで。その“飲み込まれる感”を楽しみました。

――同世代の篠崎元志選手の存在はどうだった?
 そうですね、あいつが賞金王におってくれてかなり良かったと思いました。プロペラも相談できたし。お互いに強くなれてると思います。

優出したかった…

――トライアル3日目。峰選手が2着条件で優出だったレースは、6号艇の重成一人選手がインを取って進入からスゴいレースだったね!
 重成さんは絶対、来ると思ってましたよ。あれぐらいの起こし位置なら、住之江のインは価値があるんで。

【賞金王決定戦】
トライアル3日目
12R
1今垣光太郎
2太田和美
3峰 竜太
4篠崎元志
5池田浩二
6重成一人

【結果】
6-5-3
47,020円

――このレースで峰選手は3着に……。
 そうなんですよ、あれがもう……。久しぶりにレース終わって泣きましたね。2着までに入らないといけないことは、出走前から分かってました。それなのに道中で、池田さんに抜かれて。情けなかったですね。本当に悔しかったです……。優勝戦に乗るか乗らないかだと、優勝はできなくても、今年のSGの出場権利が全然違ってきますもんね。どうしても優出したかったです。

――最終日の優勝戦、峰選手はピットでどんな気持ちで見てた?
 元志(篠崎)と一緒に、悔しがりながら見てましたね。池田さんが勝って、ガッツポーズしながらピットにあがってくるところを見て……。

――いいなと思った?
 うーん、そうですね。僕にもあの(池田選手のように優勝する)権利があったのかと思ったら、正直悔しかったですね、やっぱり。

mine_f



――賞金王を終えて、今年に生かしたいところはある?

 生かしたいというよりも、本当に今年もあの舞台に出たいという気持ちが、今までより一層強くなりましたね。スタンドのお客さんから届く声も、やっぱり他のレースとは違いますし、あそこは1回体験したら1回ではもう終われないところです。今年は元志とツートップでいきたいです。

ケガを乗り越え、大躍進の2011年


――2011年の峰選手は8.12という勝率、そしてSGは3優出。振り返ってみてどんな年だった?
 もう本当に充実して楽しかったっす。5月の笹川賞でのSG初優出は自分に自信がつきましたね。あの節は転覆したけどオール2連対に近い好成績で、僕でも優勝戦に乗れるんだって思えて。

――8.12っていう勝率もすごい!
 いや、まさか8点取れるとは思ってなかったですね。(瓜生選手に次いで)2位ってことですよね? 出来すぎです。でも、この勝率を実感できるコンスタントさはありました。“上手くなった”というよりも“強くなった”という気がしますね。メンタル面もレース面も全部含めて。

――去年はレースを楽しんでるようにも見えたよ。
 そうですね。去年2月に大きなケガをして、選手としてこれからレースできないかもしれないってことを(医師から)言われたんですけど、そこから復帰できてレースできることの喜びを感じて走ってます。レースが楽しくて、ネガティブ精神がだいぶ無くなりましたね。ヘコむことがなくなったと思います。それに、1等取った時の喜びはケガの前より増えて、そこでまた頑張れるようになりました。

唐津正月戦を優勝!
弟子は新人賞受賞!


――今年は唐津正月戦で優勝と、ますます好調!
 幸先よいスタートがきれましたね!

第52回佐賀県選手権
初日ドリーム戦 出走表Link


――ドリーム戦の時は『格の違いを見せる』と言っててかっこよかったよ。
 なんで知ってるんですか!(笑)。でも本当、それぐらいの覚悟を持って唐津のレースにいきました。これが賞金王にいった選手の責任です。賞金王にいったなら、このメンバー相手なら負けられないです! 地元のお客さんもすごい応援しててくれて、ありがたかったですよ。

――賞金王戦士のプレッシャーは?
 感じてます。簡単に負けられない。負けてもいいかとか思ったらダメ。それぐらいの思いを持ち続けて走っていくことで、また賞金王にもいけるだろうし。オッズですか? 意識しては見ません。でも大体1番人気の時は分かるので、1着で帰ってこないといけないな、と思います。
mine_a




――この唐津では、DR戦も優勝戦も弟子の山田康二選手とワン・ツーフィニッシュ!その山田選手が新人賞も受賞したし、嬉しいことが続いてるね♪
 そうですね、山田と優勝戦に乗ったので、優出インタビューの時からワン・ツーしたいなって言ってたんですよ。そしたら本当にワン・ツーできて。(新人賞受賞も)ほんっと嬉しいです! 山田は自分の子供みたいですよ。弟子ってそういう存在で、可愛いです。

――弟子を怒ることはある?
 結構ありますよ。そうしないとぬるま湯になってしまうし。僕は、技術より仕事に対する気持ちを山田に言っています。もっと熱くなれ、と。でもこれがあんまり伝わらないんですよねぇ。技術と違って、具体性がないんで。僕自身は熱い気持ちを持つことでここまで強くなってきたと思うんで、それだけはどうしても、あいつに伝えていきたいなと思います。

――師匠の想いだ…(ジーン)。 最近の山田選手は熱くなってきてる?
 んー、山田はもともと熱い気持ちを持ってるんですけど、どこかちょっと甘いというか、サボろうとする気持ちもあるんですよね。熱い気持ちをもっと行動に変えていければいいんですけど。

――いつか記念の舞台で、師弟対決みたいなぁ。
 もう、来るとは思います。あいつと、(もう1人の弟子の)上野真之介と3人で記念を走れたら、僕としては一番嬉しいですね。
yamada_a


↑峰選手の弟子・山田康二選手

mine_g



――そんな峰選手は、瓜生先輩に憧れてるって聞いたのだ。
 はい、憧れてますね! 瓜生さんはレースが綺麗で、エンジンは出しますし、陸の上でも人当たりがすごい良くて。僕にとって神的存在です。ここ最近は瓜生さんを意識したことで、勝率が1.5くらい上がったと思います。瓜生さんは僕を成長させてくれた存在です。


――瓜生選手と同じ斡旋になると気合入りそうだね。
 打倒・瓜生さんです!


mine_e




――その瓜生選手も峰選手も、今年初めての記念レースは1月18日からの唐津周年。峰選手の地元ッ。
 はい、初日ドリーム戦にも乗せてもらってるんで、僕が地元佐賀の牙城を守る、それぐらいの強い気持ちでいきます! もう唐津は何度も走ってますし、プロペラの準備も大丈夫です。全力でいきますよ。

――プロペラ調整は得意?
 そうですね、プロペラは自分でも得意だと思ってます。プロペラの経験が他の人よりたくさんあるんで。多分、同年代やそれより少し上の人よりは、知識があると思いますね。

――峰選手にとって、プロペラ制度改変はどう思う?
 僕にとってはマイナスだと思いますね。(作ってきたペラを)付けたら出るっていうのが僕のスタイルだったんで、それがなくなったってことなんで。少し成績は落ちると思います。だから、今はレース場での調整力を磨いています。

mine_c



――最後に、今年の目標を教えてっ!
 今年はSGのタイトルが欲しいです! 

――優出で終わる男じゃない!
 そうですね! もう優出だけでは嫌なので。今年は春の総理杯には出場権利がないですけど、その他の7個のSGに懸けたいです。今まで以上に結果を残して、強くなっていきたいと思います。




取材日 2012年1月11日

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





mine_h



峰 竜太(Ryuta Mine)

・1985年3月30日生まれ
・佐賀県在住
・身長172cm
・血液型はB型
・第95期生



2004年11月10日 唐津ボート場でデビュー
2004年12月30日 福岡ボート場で初1着
2005年11月6日 唐津ボート場で初優勝
2007年5月29日 住之江笹川賞でSGデビュー
2011年5月29日 尼崎笹川賞でSG初優出



好きな食べ物…野菜が結構好き。きゅうりとか(笑)

苦手な食べ物…寿司、わさび

お酒…弱い

最近ハマってるもの…モンスターハンター


子供の頃の夢…警察官。今はボートレーサーが天職と思う

若松の宿舎…めっちゃご飯が美味い!豪華!お気に入り!



~出場予定~

2012年1月18日~2012年1月23日(唐津GI周年記念)

2012年1月31日~2012年2月5日(宮島GI周年記念)

2012年2月14日~2012年2月19日(住之江GI周年記念)





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



ココまで読んでもらってありがとうございます(ペコ)




お待たせしました♪

プレゼント!のご紹介です!(*´∀`*)



mine_pr




峰選手の



サイン入りオリジナルぬいぐるみ



抽選で3名さまにあげちゃいます!!



賞金王戦士のレアグッズでい!♪



~エントリー方法は、下の2つ!~

(1).パソコンから応募する場合







(2).ハガキで応募する場合


下記の宛先まで、郵便番号・住所・氏名・電話番号を書いて送ってね!


プレゼント受付先

〒808-0075

福岡県北九州市若松区赤岩町13-1

ボートレース若松「峰 竜太選手オリジナルぬいぐるみプレゼント」係




締切は、平成24年2月19日(日)必着です!

当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます(・ω・)



サイン入りグッズ受付は
終了しました!ありがとうございます!

— posted by かっぱくん at 05:37 pm  

prev
2012.1
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
Atom1.0 feeds Atom1.0 RSS2.0 feeds RSS2.0
T: Y: ALL: Online: